中央競馬:ニュース中央競馬

2021.4.8 12:05

【桜花賞】ズバリ!調教診断(水曜追い切りチェック)byウマニティ

A判定はアールドヴィーヴル、サトノレイナス、ソダシの3頭

ウマニティ重賞攻略チームが毎週末の重賞をあらゆる切り口で考察!今回は桜花賞・調教予想(水曜版) をお届けします!

日曜日に行われる桜花賞の登録馬の水曜追い切り(追い切り映像が確認できた馬に限る)について、1頭ずつシンプルに考察していきます。予想の際にお役立てください。なお、出走馬確定後に最終版記事を改めて掲載します。

※評価は上からA~D、F(判定不能)の5段階

アカイトリノムスメ【B】
美浦南W併走。最後まで低い姿勢を保ち、落ち着いて走れていた。やや力感を欠くことや、競る気配が薄く映る点は気になるも、脚さばき自体は悪くない。及第点のデキにはある。

アールドヴィーヴル【A】
栗東坂路単走。手前の切り替えに手間取ったが、この馬にはよくあること。深刻に捉える必要はない。鞍上の合図に鋭く反応し、弾力性に富んだフットワークで駆け上がる姿は見映えがする。好調と判断したい。

エリザベスタワー【B】
栗東坂路単走。頭の位置が高く、スピードに乗るまでに時間を要する点は相変わらず。その一方で、モタれ癖を出さず、まっすぐ登坂できたことは好印象。大きな上積みまではどうかも、前回のデキを下回るということはない。

エンスージアズム【C】
栗東CW併走。直線に入るまでの走りはスムーズだったが、追われてから頭を上げるなど、しまいにかけての伸びは今ひとつ。決め手のある馬が集う外回りマイルのG1では、期待よりも不安のほうが先立つ。

ククナ【B】
美浦坂路併走。最後は体勢不利の形になったが、この馬のデキが悪いというよりも、相手を褒めるべきだろう。フォーム自体は悪くないし、緩い馬場を考慮すれば上がりのラップも及第点レベル。動ける仕上がりとみたい。

ゴールドチャリス【D】
栗東CW単走。首と四肢の連動性を欠き、小手先だけの走りという感じ。小柄な馬体も相まってか、動きに余裕がなく非力に映る。上積みを感じるまでには至らず、相手強化のG1では足りないだろう。

サトノレイナス【A】
美浦南W併走。リズム重視の内容ながら、前膝を効果的に使った迫力のあるフットワークは見どころ十分。休養前と比べて、四肢の駆動が滑らかになったし、反応も良化している。好気配。

シゲルピンクルビー【B】
栗東坂路併走。手前をコロコロ替えて、軸がブレ気味の走りではあるが、推進力は前に向いており、鞍上の手ごたえに見合った動きはできている。現状の力を出せる態勢とみたい。

ジネストラ【C】
美浦南P単走。左手前に替えると嫌がり、頭を上げるなど癖の強い部分を出す場面も。落ち着いたあとの鋭い加速をみるに、非凡な能力を備えているのは間違いないが……。上位進出には、鞍上の巧みなエスコートが不可欠といえよう。

ストゥーティ【C】
栗東坂路併走。軸の安定感を欠く走りで、刻んだ時計ほどのスピードは感じられなかった。脚勢が衰えそうになりつつも、しぶとく粘った点は評価できるが、G1で勝ち負けに加わるには、もう一段階上の変わり身がほしい。

ストライプ【C】
美浦坂路併走。コーナーを回る際は活気十分の走りを見せていたが、直線手前で僚馬に馬体を併せると顔を相手に向ける素振りを示すなど、気性的に幼い印象。調教は我慢できても、多頭数の実戦ではどうか。積極的には手が出ない。

ソダシ【A】
栗東坂路併走。調整色の濃い内容ながら、15.5-13.5-13.0-12.5のラップをきちんと刻んできた。阪神JF当時と比べて、後肢の踏み込みが深くなり、振り幅も大きくなったように映る。それでいて脚運びは軽快そのもの。いい状態で本番に臨めそうだ。

ソングライン【C】
美浦南W併走。それなりの時計を刻んだものの、頭の位置が安定せず、躍動感という面では今ひとつ。手前を決めたあとの走りが小さく映る点も気になるところ。最終追いの動きを見る限り、評価は上げづらい。

ファインルージュ【B】
美浦南W併走。追い出す際の反応が薄いような気もするが、スピードに乗ったあとの脚どりは力強く、ストライドもしっかり伸びている。稽古では良く見せる馬なので過度の評価はできないものの、雰囲気は決して悪くない。

ブルーバード【C】
美浦坂路単走。コーナーを逆手前で回った点は割引。直線に入ってからの進みは悪くなかったが、しまいにかけてペースダウン。今回の舞台で通じるデキにあるかといえば疑問符がつく。

ホウオウイクセル【C】
美浦坂路併走。緩めの調整がしっくりこないのか、重心が高く見映えの悪い走り。競る気配も薄く、ほぼ馬なりの僚馬に手ごたえ劣勢でゴール。よくて現状維持の範囲内という感が強く、大望まではどうか。

ミニーアイル【D】
栗東坂路単走。中盤までは勢いよく登っていたが、しまいにかけての伸びを欠き、ゴール付近では完全に脚勢が落ちてしまった。G1で上位争いに持ち込めるほどの状態にあるとは言い難く、今回は割引が必要だろう。

メイケイエール【B】
栗東CW単走。コーナーで制御に苦労している点はいつもと同じ。とはいえ直線を向いてからは、それなりに折り合いがついていたし、バネの利いた大きなフットワークで進むさまは見ごたえがあった。少なくとも前回より雰囲気はいい。

【調教予想からの注目馬】
アールドヴィーヴル サトノレイナス ソダシ

(提供元:競馬予想のウマニティ