中央競馬:ニュース中央競馬

2021.4.3 14:51

【ミッキのWEEK DIARY♪】~エイト紅一点TM・坂路小屋から2歳馬通信(2)ドンフランキー

まさにダイワメジャーの産駒って感じの体形をしている斉藤崇史厩舎のドンフランキー

まさにダイワメジャーの産駒って感じの体形をしている斉藤崇史厩舎のドンフランキー【拡大】

 こんにちは、競馬エイトのミッキです。

 今週、栗東の坂路小屋で調教を見ていると、近くにはないはずの桜の花びらがひとつ、ひらひらと私の手元に飛んで来たんです。これは桜花賞馬グランアレグリアのサイン?とふと空を見上げると、青空にくっきりと刻まれた3つの飛行機雲を発見。コントレイル(飛行機雲)も全く引けを取らないってことか…とグルグル悩んでいたら、レーシングビュアーで見たサリオスの追い切り映像に圧倒。迫力十分だった馬体がさらにパワーアップ。あんだけ雄大な馬体なのに、俊敏さは増しているのだから状態はいいんでしょうね。うーん、悩みに悩んでGIの本命はあの馬に…!! 日本の競馬界を背負っていく馬ですから、こんなところで負ける姿なんて見たくないっ! 偉大な父を追い越せ!という強い気持ちで最終面のコラムを書きました。ぜひ日曜は競馬エイトを読んでみてくださいね♪(ちゃっかり宣伝かよ…)

***

 本日の【2歳馬通信】は、斉藤崇史厩舎のドンフランキー(牡2歳、父ダイワメジャー)。母のウィーミスフランキーは米国GIを2勝。当歳セレクトセールで6800万円(税抜き)で落札されました。早くからトレセンで見かけるようになりましたが、馬体はかなり雄大。まさにダイワメジャーの産駒って感じの体形をしていますね。「560キロくらいある本当に大きな馬。でも、大型馬の割にそこまでドカドカと重たすぎる感じはありません。先々は芝・ダートを問わず、短めの距離でやっていければ」と厩舎談。大型ですが、やっていけばもう少し絞れそうです。私はどちらかというとシャープな中長距離タイプより、本馬のようなごつい丈夫そうなタイプの馬が好きなので、モロ好みですね♪ デビュー戦が楽しみです!

 では、今週はここまで♪ 次回もお楽しみに!

 あ、そうそう!最近、2歳馬情報に特化したツイッターを作りました♪ 競馬エイトをもっと盛り上げたいと、栗東支局のみんなで一致団結して始めました。写真は趣味で撮っていたので、他の情報はおじさまTMの方々が配信してくれると思います。ツイッターで【2歳馬通信】と検索していただければ、ヒットすると思います。よろしくお願いしまーす。
【2歳馬通信】のツイッターはこちら

ミッキ 関西エイト時計班 

調教・取材

自在・本命

単勝・複勝

プロフィル

大阪府出身。幼少期からサラブレッドにひかれ、将来は馬産に携わることを夢見ていたが、縁あってトラックマンの道へ。新米時計班として日々奮闘中!
ミッキのインスタグラム『@MIKKI_KEIBA8』はこちら

予想スタイル

過去のレース内容や中間の調教を重視。時計班だが、直接厩舎へ行って情報を仕入れ、予想に反映することも。

※ミッキの予想を閲覧するにはベーシックパックをご購入していただく必要があります

関連

  • 競馬エイトのミッキTMが執筆するコラム「ミッキのWEEKDIARY♪」をお届け!