中央競馬:ニュース中央競馬

2021.3.22 04:56

【スプリングS】ヴィクティファルス皐月賞へ豪快差し

ヴィクティファルスが外から鮮やかな差し切り。クラシックに名乗りを上げた

ヴィクティファルスが外から鮮やかな差し切り。クラシックに名乗りを上げた【拡大】

 皐月賞トライアルのスプリングSが21日、中山競馬場で15頭によって争われ、中団を進んだ3番人気のヴィクティファルスが大外一気の豪快な差し切り。兄の池添騎手と弟の池添学調教師の兄弟タッグによる初の重賞勝ちとなった。2着のアサマノイタズラ、3着のボーデンまでが皐月賞(4月18日、中山、GI、芝2000メートル)の優先出走権を獲得した。

 ◇

 猛烈な風雨を背中に受けながら、大外を豪快に伸びた。共同通信杯2着のヴィクティファルスが、デビュー3戦目で初の重賞タイトルをゲット。クラシックの有力候補へ名乗りを上げた。

 「いいスタートを切ってくれて、あとは折り合いを大事に。悪い馬場でもリズム良く走れたし、追い出してからもしっかり反応。この馬場でも踏ん張って走ってくれた」

 笑顔の池添騎手を検量室前で迎えたのは、弟の池添学調教師。11度目の挑戦で、ついに兄弟での重賞制覇を成し遂げた。騎手&調教師の兄弟タッグでの重賞勝ちは、1984年のグレード制導入以降では初の快挙だ。

 兄・謙一は「すごくうれしい」とほおを緩め、弟・学も「どうしても結果を出さないといけないレースだったし、3週連続追い切りで感触をつかんでもらった。上手に競馬してくれました」と兄に感謝。記念撮影では、兄が弟に「(表情が)硬いよ。笑わんか!」と駄目出しし、その後に「マーちゃん」と言って抱きつくツンデレぶり。家族ならではワンシーンだ。

 これまで阪神、東京、中山と全て違うコースで好結果を残し、今回は道悪も克服したヴィクティファルス。この日の強風にトレーナーは「普段の調教で風を嫌がるので」と一抹の不安を感じたようだが、「走ってみたら大丈夫だった。競馬にいってすごく真面目に走ってくれる」と頼もしさは増すばかりだ。

 この後はダメージが残らなければ、皐月賞へ向かう見込み。ヴィクティファルスと池添兄弟が春本番を盛り上げる。(板津雄志)

■ヴィクティファルス 父ハーツクライ、母ヴィルジニア、母の父ガリレオ。鹿毛の牡3歳。栗東・池添学厩舎所属。北海道安平町・ノーザンファームの生産馬。馬主は(株)G1レーシング。戦績3戦2勝。獲得賞金7720万円。重賞は初勝利。スプリングSは池添学調教師が初勝利。池添謙一騎手は2011年オルフェーヴルに次いで2勝目。馬名は「ガリレオ衛星に付けられた名前。母父名より連想」。

★21日中山11R「スプリングS」の着順&払戻金はこちら