中央競馬:ニュース中央競馬

2021.1.13 13:38

【リレーコラム】関東競馬エイト~未勝利戦は初ダート馬を狙え!by横山英二

横山英二TM

横山英二TM【拡大】

 少し遅くなりましたが、皆さま、あけましておめでとうございます。大変な世の中ですが、競馬が続く限りは自分の仕事を全うするのみ。今年もどうぞお付き合いください。

 さて、冬競馬はいい感じで荒れております。とりわけ穴の宝庫といえるのが3歳未勝利のダート戦でして、中山では1200メートル戦と1800メートル戦が開催日に必ず組み込まれています。今回はその狙い方について少しお話ししたいと思います。

 端的に言うと、個人的に今は初ダート馬(初めてダートに出走する馬)しか狙っていません。前走が同条件で好走しているとまず人気は確実で、馬券的にもおいしくない。費用対効果が大きく、狙い続けて得をするのは間違いなく初ダート馬です。昨年の12月から始まった冬の中山開催の未勝利・ダート戦を振り返ってみましょう。

 【2020年12月5日から2021年1月11日までのダート未勝利戦・全31レースから抜粋】
 《12月6日》
 1R 1着ハコダテブショウ 480キロ1人気 (3)→(1)
 2R 2着アウトストラーダ 496キロ1人気 (3)→(2)
 《12月12日》
 1R 2着ナンノコレシキ牝 456キロ4人気 (10)→(2)
 4R 1着テンウォークライ 466キロ1人気 (2)→(1)
    2着ダノンブレット  510キロ2人気 (12)→(2)
 《12月13日》
 2R 1着セイハロートゥユー494キロ4人気 (11)→(1)
 《12月19日》
 2R 2着フミチャン牝   470キロ4人気 (5)→(2)
 《12月20日》
 2R 2着エンシェントアイル550キロ6人気 (9)→(2)
 《12月26日》
 1R 1着スイートクラウン牝472キロ5人気 (5)→(1)
 4R 1着ラフストリーム  532キロ4人気 (7)→(1)
 《12月27日》
 2R 1着オンザライン   454キロ5人気 (7)→(1)
 《1月5日》
 2R 1着ロングラン    488キロ6人気 (10)→(1)
 《1月9日》
 1R 1着メインターゲット牝504キロ2人気 (5)→(1)
 《1月10日》
 2R 1着フローズンカクテル牝446キロ2人気(10)→(1)
    2着エアーレジーナ  牝466キロ7人気(13)→(2)

 全31レースのうち13レース(15頭)で連対を果たしており、馬券の肝となっていることが分かります。ちなみに僕はこの15頭のうち9頭を競馬エイト紙面上で本命◎にしており、馬券でもずいぶんおいしい思いをさせてもらいました。ただ1レースに5~6頭出走しているケースも多々あり、やみくもに狙ってはダメ。ポイントがいくつかあります。

 (1)牡馬なら500キロ前後の大型馬、牝馬なら440キロ以上
 (2)調教で動いている(調教注目馬の3頭に入っていればベター)
 (3)母もしくは兄姉にダート実績がある

 上に挙げたポイントでふるいにかければ、要らない初ダート馬を選別でき、軸候補は簡単に決まるはず。冬の中山のダートは非常に重くて時計がかかり、ダート適性があっても小兵にはかなり厳しい状況といえます。また、ダートでガラリと変わる馬は中間にダートで追い切りをかけ、動いているケースがほとんど。そして、母、兄姉がダート馬だった-は予想の基本中の基本です。今週末は前走の着順に惑わされず、ぜひ初ダート馬を積極的に狙ってみてください。

横山英二(よこやま・えいじ) 関東エイト時計班 

全要素を駆使

3連系

プロフィル

1973年生まれ、埼玉県出身。ギャンブル中毒者で愛読紙のひとつ競馬エイトへ。競馬にはドラマではなく配当だけを求めているゴリゴリの穴屋。常人の盲点を突く-が予想の主幹。

予想スタイル

調教、データ、レース内容はもちろんのこと、最近は血統も少しかじる。本命サイドの馬券はまず買わない。予想も常にフルスイングを心がけており、毎週独り勝ちを目指す。

※横山英二の予想を閲覧するにはベーシックパックをご購入していただく必要があります