中央競馬:ニュース中央競馬

2021.1.13 11:02

ランキング発表! 水戸万太郎が特大お年玉でトップ

2021年も絶好調!11日の中山9R・成田特別で49万6900円をゲットした東京サンスポの水戸正晴記者

2021年も絶好調!11日の中山9R・成田特別で49万6900円をゲットした東京サンスポの水戸正晴記者【拡大】

 「ガチンコ収支バトル」の2021年第1ステージ(1~3月)は、東西金杯デーの第1週(1月5日)、3日間開催の第2週(1月9~11日)が無事終了。今週から通常の土日開催が始まります。

 お正月からドカンと一発、特大のお年玉を決めたのは東京サンスポの水戸正晴記者。11日の中山9R・成田特別で◎フラッシングジェム(12番人気)からの馬連で49万6900円をゲットしました。昨年の年間王者、月イチ万馬券継続中の“万太郎”は2021年も絶好調。開幕2週目でトップに立ちました。

 2位は東京サンスポデスク。中山金杯で3万1840円、10日のシンザン記念で9万5840円をともに馬連での的中です。年明けは2戦2勝の快進撃。予想は無料公開中で、基本は日曜の重賞を予想しています。

 3位には関東エイトの噂のルーキー、昨夏の函館でブレイクした“200万男”佐藤ゆきあきトラックマン。9日の中山6Rで3連複ヒット、20万3400円を獲得しました。競馬場で、初めて単独で臨んだレース後のジョッキーインタビューに緊張したり、修業を積んでいる最中ではありますが、馬券はきっちりもうけます!

 ※「ガチンコ収支バトル」は、52人の中央競馬予想スタッフが自ら選んだ自信の勝負レースで買い目と金額を明示して、回収率を競い合う仕組みです。

【2021年第1ステージ回収率ランキング(第2週)】
    所属・名前      購入額     払戻額     回収率
(1)東京サンスポ水戸  4万0000円 49万6900円 1242%
(2)東京サンスポデスク 2万0000円 12万7680円  638%
(3)関東エイトゆきあき 3万9400円 20万3400円  516%
(4)関西エイト高橋賢  4万0000円 13万0000円  325%
(5)東京サンスポ漆山  4万0000円 10万3860円  259%
(6)関東エイト野田   4万0000円 10万0860円  252%
(7)大阪サンスポ山口  4万0000円  8万0200円  200%
(8)関東エイト翔太郎  3万8200円  6万6800円  174%
(9)夕刊フジ水谷    4万0000円  6万2560円  156%
(10)関東エイト片桐  4万0000円  5万1000円  127%