中央競馬:ニュース中央競馬

2021.1.12 15:25

【京成杯】レース展望

デビュー戦を快勝した一昨年の2歳女王レシステンシアの半弟グラティアス

デビュー戦を快勝した一昨年の2歳女王レシステンシアの半弟グラティアス【拡大】

 中山の日曜メインは3歳馬同士の戦い、京成杯(17日、GIII、芝2000メートル)。クラシック初戦の皐月賞と同じ舞台で行われる重要な一戦だ。2010年の勝ち馬エイシンフラッシュが日本ダービー馬まで上り詰め、04年3着のキングカメハメハもNHKマイルC、日本ダービーを制した。

 今年は1戦1勝馬が高く評価されている。グラティアス(美浦・加藤征弘厩舎、牡)は一昨年の2歳女王レシステンシアの半弟で、期待通りに昨年10月の東京新馬戦(芝2000メートル)を快勝。スローペースの逃げでラスト3ハロンもメンバー最速タイの34秒2でまとめて押し切った。最後の直線では直後でマークしていた2着馬に一度は並びかけられたが、そこでようやく本気になって着差を1馬身1/4まで広げた。まだまだ奥がありそうな素質馬だ。

 同じく昨年10月の東京新馬戦(芝1800メートル)で初陣を飾ったヴァイスメテオール(美浦・木村哲也厩舎、牡)も将来が楽しみになる勝ちっぷりだった。1000メートル通過が1分5秒4の超スローペースでも2番手の外で楽に折り合い、最後の直線でも鞍上丸山騎手が内外の馬の手応えを確認しながら追い出す余裕。2着の良血馬シテフローラル(セレクトセール1歳競りで税抜き2億6000万円)とは3/4馬身差だったが、それ以上の強さを感じさせた。このレースセンスの良さなら、小回りの中山芝2000メートルでも問題なく対応できそうだ。

 タイソウ(栗東・西園正都厩舎、牡)は12月の阪神新馬戦(芝2000メートル)で3馬身差の圧勝発進を決めた。V時計は2分5秒7と遅かったが、ちぎった2着馬が11日の中京未勝利戦を楽勝しており、メンバーレベルは水準以上。19年の北海道セプテンバーセールで600万円(税抜き)で取引された格安馬が、デビュー連勝で重賞Vのドリームホースとなるか。

 実績ではプラチナトレジャー(美浦・国枝栄厩舎、牡)が最上位だ。不良馬場だった2戦目の東京芝1800メートルで勝ち上がると、続く良馬場の東京スポーツ杯2歳SでもJRA賞最優秀2歳牡馬に選出されたダノンザキッドと0秒4差4着で見せ場をつくった。近2戦は末脚にかける競馬で素質の良さが出てきている。

 8月の小倉未勝利戦(芝2000メートル)で勝ち上がって以来となるテンバガー(栗東・藤岡健一厩舎、牡)にも注目したい。6月の阪神新馬戦(芝1800メートル)ではダノンザキッド(東スポ杯2歳S、ホープフルS優勝)、ワンダフルタウン(京都2歳S優勝)に続く3着と能力は高い。

 他では桜花賞馬キストゥヘヴンの子で年末の中山未勝利戦(芝2000メートル)を8馬身差で圧勝したタイムトゥヘヴン(美浦・戸田博文厩舎、牡)、8月の新潟未勝利戦(芝1800メートル)を6馬身差で楽勝したスウィートブルーム(美浦・和田雄二、牝)なども侮れない。

★京成杯の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

【日経新春杯&京成杯&愛知杯】春のGI戦線に向けて見逃せない東西3重賞の注目点はこちら!