中央競馬:ニュース中央競馬

2021.1.12 17:12

【リレーコラム】大阪サンスポ~頭を悩ませたJRA賞投票by斉藤

大阪サンスポ・斉藤弘樹記者

大阪サンスポ・斉藤弘樹記者【拡大】

 6日に2020年度のJRA賞が発表されたが、今回はいろいろな意味で投票に頭を悩ませた。

 年度代表馬は“世紀のジャパンC”を制したアーモンドアイが受賞したが、周囲からは無敗で牡馬3冠を達成した重みを重視してコントレイルを支持する声も多く聞かれた。

 牝馬の活躍が顕著だった影響で、最も苦悩の選出となったのが、最優秀4歳以上牝馬の部門だ。もちろん、アーモンドアイの受賞に全く異論はないが、直接対決の安田記念で撃破するなどGIを3勝したグランアレグリアや、春秋グランプリを制覇したクロノジェネシス、大阪杯とエリザベス女王杯を制したラッキーライラックなど、例年ならどの馬が受賞してもおかしくないくらいハイレベルな争いとなった。グランアレグリア(最優秀短距離馬)、クロノジェネシス(特別賞)は別の部門で選ばれたが、“無冠”に終わったラッキーライラックは年間を通しての活躍を考えると、やや気の毒な印象だった。

 一方で、最優秀4歳以上牡馬に選ばれたのは、年間わずか3走で天皇賞・春の1勝だったフィエールマン。“消去法”で票を投じた記者が多かった感も否めない。

 今年も投票に頭を悩ますような多くの名馬の誕生を期待しつつ、“男の意地”も見せてほしい。

斉藤弘樹(さいとう・ひろき) 大阪サンスポ記者 

近走・調教・馬場

本命

3連複・3連単

プロフィル

サンスポ運動部、整理部、エイト編集部、時計班、関西週刊Gallopを歴任。2017年4月から大阪サンスポレース部に所属。ギャンブルは競馬一本で、日々高配当を狙っている。

予想スタイル

近走内容はもちろん、調教、取材から好調馬を探し出す。馬券は3着以内に食い込みそうな人気薄からの3連単、3連複。ここぞという時は単勝で勝負する。

※斉藤弘樹の予想を閲覧するにはベーシックパックをご購入していただく必要があります