中央競馬:ニュース中央競馬

2021.1.11 15:08

昨年王者の水戸万太郎が成田特別で49万6900円

水戸正晴記者

水戸正晴記者【拡大】

【水戸正晴の「俺に任せとけ」】月曜中山9R

 【中山9R・成田特別】の◎⑦フラッシングジェムが面白い。

 前走(14着)は実績のない芝のレースだけに参考外。ダートの今回は気配は上々で、ハンデも52キロなら出番があっていい。

《単勝》
 ⑦番 2000円

《馬連》
 ⑦-①②⑤⑧⑨⑩⑫⑭ 各1000円

 ※結果…お待たせしました。東京サンスポの水戸正晴記者が49万6900円の特大お年玉を決めました。出入りの激しい流れを差してきた◎⑦フラッシングジェム(12番人気)が2着を確保。勝った⑫エコロドリーム(7番人気)との《馬連》は496.9倍の大万馬券でした。

 “万太郎”または“万助”の異名を持つ水戸記者は2020年の『ガチンコ収支バトル』の年間王者。年明けの第1ステージ(1~3月)でも暫定トップに立ちました。

水戸正晴(みと・まさはる) 東京サンスポ記者 

血統

単勝・馬連

プロフィル

1948年生まれ、東京都出身。輝ける団塊の星。数々の大穴を当ててきたサンスポの看板記者。馬券以外にも伝説は数知れず。年齢を感じさせないフットワークの軽さと人脈の豊富さで精力的に取材する。

予想スタイル

予想の基本は血統で、母系を丹念に調べあげる。着順と着差のミスマッチも判断材料。レースにあった馬を探し出し、その中からトレセンでの取材を加味して予想を組み立てる。

※水戸正晴の予想を閲覧するにはベーシックパックをご購入していただく必要があります