中央競馬:ニュース中央競馬

2021.1.10 15:33

好調! “東大王”サンスポ漆山は若潮Sの馬連的中で7万980円計上

漆山貴禎記者

漆山貴禎記者【拡大】

【漆山貴禎の「きょうのココイチ!」】日曜中山10R

 【中山10R・若潮S】 以前は2勝クラスで行われていた若潮賞が3勝クラスに“格上げ”されて6年ぶりに復活した。6年前の勝ち馬を即答できたあなたは相当な競馬通だ。正解はのちにGI・6勝を挙げたモーリス。連勝街道はこのレースから始まっていた。他にも歴代の勝ち馬にはケイアイエレガント、グラスボンバーといった重賞ウイナーの名が並ぶ出世レースだ。

 モーリスと同じスクリーンヒーロー産駒の◎②ウインカーネリアンに期待したい。中山は全3勝中2勝を挙げる得意コースで、皐月賞4着、芙蓉S2着とオープンでの好走実績も光る。1番人気の前走は坂上で追い比べから脱落して4着に終わったが、「最後に甘くなったのは休み明けのぶんもあったと思う」と三浦皇成騎手。もとより典型的な叩き良化型で、昨秋も休み明け2戦目を快勝している。2カ月ぶりを使われて中3週の今回は前走以上の状態で運べるはずだ。先行勢が手薄な顔触れだけに前々で運べるのも有利。勝ってオープン入りだ!

《馬連》
 ②-①③④⑧⑬ 各1400円

 ②-⑭⑮ 各900円

《3連単》
 ②→①→③④⑧⑬⑭⑮(6点) 各100円

 ②→③④⑧⑬⑭⑮→①(6点) 各100円

 ※結果…最後はカラテ(8番人気)にかわされましたが、ウインカーネリアン(2番人気)が2着に逃げ粘って《馬連》50.7倍。7万980円の払い戻しです。“東大王”東京サンスポ・漆山貴禎記者は5日(火)中山7Rで3万円超を計上しており、好調です!

漆山貴禎(うるしやま・きよし) 東京サンスポ記者 

データ

中穴

馬連・3連単

プロフィル

1981年生まれ、山形県出身、O型。東京大学文学部卒。一日のレースから、配当的な妙味も考慮して“最も買いたい”1鞍を厳選。美味しい馬券をお届けします!

予想スタイル

データ分析と関係者取材で得た情報をバランス良くミックスさせ、的中を目指す。〝2、3着には来るが、ほぼ勝たないであろう1番人気馬〟を探すのが3連単的中の近道と信じる。

※漆山貴禎の予想を閲覧するにはベーシックパックをご購入していただく必要があります