【調教注目馬プレミアムofプレミアム】淀短距離Sを勝ちました!

2021.1.9 16:29

 【土曜中京11R・淀短距離S(L)】
 ★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
 \\\\\\//////
  ≪(1)トゥラヴェスーラ≫
 //////\\\\\\
 ★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
 中山9R(11)ビーカレイジャス
 中山12R(12)アルディエンテ
 中京4R(6)メイショウカイト
 中京11R(1)トゥラヴェスーラ

 土曜日の調教注目馬プレミアムは以上の4頭。この中で調教注目馬プレミアムofプレミアムにふさわしい動きを披露したのは【中京11R・淀短距離S(L)】に出走する(1)トゥラヴェスーラ。

 1月6日(水)の栗東坂路コースは良。年末よりは時計が出やすいコンディションで、4ハロンの標準タイムは53秒5、一番時計はアブレイズ(4歳OP)で50秒5。

 (1)トゥラヴェスーラはビッシリ気合をつけられた1週前(12月30日、4ハロン54秒1-38秒7-12秒1)から一転、単走、馬なりで4ハロン53秒0-38秒5-12秒2にまとめた。これで2週連続の調教採点「7」。さらに12月23日にマークした51秒9-37秒7-12秒2(ゴール前追う)もラストがかかった馬場状態を考えればかなり優秀だ。もともと調教駆けするタイプとはいえ、これだけ鋭い動きを連発できるのは体調がいいからこそ。前走・京阪杯も6着とはいえ0秒3差。武豊騎手とのコンビ復活で要注意!

 ※結果…武豊騎手から池添謙一騎手へ乗り替わり。4番手につけたトゥラヴェスーラ(3番人気)が直線インから鮮やかに抜け出しました。仕上がりの良さが実戦に直結。「競馬エイト」の【調教注目馬プレミアム】からさらに厳選1頭で勝負する【調教注目馬プレミアムofプレミアム】。プロの眼は確かです。

閉じる