中央競馬:ニュース中央競馬

2020.11.29 13:37

【東京6R・新馬】10番人気のアビッグチアがマイペースで逃げ切る

逃げ切り勝ちで初陣を飾ったアビッグチア

逃げ切り勝ちで初陣を飾ったアビッグチア【拡大】

 11月29日の東京6R・2歳新馬(芝1800メートル)は、嶋田純次騎手騎乗の10番人気アビッグチア(牝、美浦・堀井雅広厩舎)が先手を主張してマイペースに持ち込み、そのまま逃げ切って初陣を白星で飾った。タイムは1分50秒8(良)。

 1馬身1/4差の2着にはウインチェレステ(5番人気)、さらにアタマ差遅れた3着にロジローズ(2番人気)が続き、1番人気のガンダルフは5着に終わった。

 アビッグチアは、父リオンディーズ、母シベリアンクラシカ、母の父サイフォンという血統。

 ◆嶋田純次騎手(1着 アビッグチア)「道中も手綱を持ったままで行けました。直線も馬場のいいところに出して、最後は他の馬が来てもまだ頑張ってくれそうでした」

★29日東京6R「2歳新馬」の着順&払戻金はこちら