中央競馬:ニュース中央競馬

2020.11.22 04:51

【ジャパンC】アーモンドアイは引き運動で調整

前日20日に1週前追い切りを終えたアーモンドアイは、美浦トレセンの厩舎周辺で40分ほど引き運動をこなした

前日20日に1週前追い切りを終えたアーモンドアイは、美浦トレセンの厩舎周辺で40分ほど引き運動をこなした【拡大】

 ジャパンC(29日、東京、GI、芝2400メートル)で注目の3冠馬3頭が21日、東西トレセンでそれぞれ調整メニューを消化した。世紀の大一番まであと7日。各陣営のムードも高まってきている。

 ◇

 前日20日に1週前追い切りを終えたアーモンドアイ(美・国枝、牝5)は、美浦トレセンの厩舎周辺で40分ほど引き運動をこなした。担当する根岸助手は「雰囲気はいつもと変わりません。馬体重は前走より5キロくらい絞れています」と順調な仕上がりをアピール。「春の安田記念は中2週で目に見えない疲れもあったと思うので、そこは注意してやっています。中3週で1回放牧に出しているので、今までにないパターンですけど、馬の状態は良さそうです」と、女傑のラストランに向けて気を引き締めていた。

★ジャパンCの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載