中央競馬:ニュース中央競馬

2020.10.19 05:00

【秋華賞】デアリングタクト牝馬史上初!無敗3冠達成

松山騎手は馬上でVサインならぬ3本指の“3冠サイン”を作り、喜びを表した

松山騎手は馬上でVサインならぬ3本指の“3冠サイン”を作り、喜びを表した【拡大】

 牝馬3冠最終戦の秋華賞が18日、京都競馬場で行われ、1番人気デアリングタクト(栗東・杉山晴紀厩舎、3歳)が中団追走から差し切り、史上6頭目、無敗では史上初となる牝馬3冠を達成した。全5戦で手綱を取ってきた松山弘平騎手(30)=栗東・フリー=は胸をなで下ろしつつ「できれば、このまま無敗でいきたい」とパートナーとのさらなる快進撃を誓った。

 空に人さし指を突き立てると、すぐさま、誇らしげに3本指を立てた。史上初となる、無敗での牝馬3冠達成。デアリングタクトの全5戦をともに歩んできた松山騎手が喜びをかみしめた。

 「ホッとした気持ちです。この馬に携われて、感謝の気持ちしかありません。牝馬3冠を達成できてうれしかった。“史上初”の重圧もありましたが、馬を信じてやるだけでした」

 道中は中団で進め、3~4コーナーでスーッと先頭集団にとりついた。直線を迎えるまでじっくりと構えていたこれまでと違い、自ら動く強気の競馬。直線では馬場の真ん中から力強く脚を伸ばす。ラスト1ハロン付近で先頭に立つと、2着以下を振り切って栄光のゴールへ飛び込んだ。史上6頭目、無敗では史上初の牝馬3冠の金字塔だ。

 馬場から引き揚げる際には、ファンにガッツポーズ。秋晴れの淀が一瞬で華やいだ。「拍手は届いていましたし、うれしかった。ファンあっての競馬ですし、早く日常が戻ってほしい」。1週前から競馬場への観客の入場が再開され、春以降では初の有観客GI。快挙を待ち望んでいたファンの目の前で偉業を成し遂げ、喜びは倍増した。

 さらに直後の京都12Rも制し、初のJRA年間100勝も達成。「すごい日。本当にうれしい日になりました」と白い歯をのぞかせた。デビュー12年目の30歳。牝馬3冠ジョッキーの称号とともに、進化は止まらない。

 競馬学校を卒業間近の2009年1月。同時期に厩務員課程に在籍していたのが、デアリングタクト担当の池水助手だった。11年の時をへてつながった“同期生”の縁。前哨戦を使わず直行となった今回も、松山騎手が密に連絡を取り、4週連続で追い切りに騎乗して調整。池水助手は「学校で一緒だったぶん、スムーズにコミュニケーションをとれたと思いますね」と感謝した。

 次走は未定だが、今後は今週の菊花賞で無敗3冠を狙う同い年のコントレイルや最強牝馬アーモンドアイなど、牡馬や年長馬の強敵との戦いが待っている。それでも、松山騎手のパートナーへの信頼は揺るがない。

 「強い馬はたくさんいますが、ひけを取らないと思います。ここまで無敗で来ていますし、できれば、このまま無敗でいきたい」。世代最強牝馬から、現役最強馬へ-。若き牝馬3冠ジョッキーは、これからも大胆なタクトをふるう。(山口大輝)

★18日京都11R「秋華賞」の着順&払戻金はこちら