中央競馬:ニュース中央競馬

2020.10.19 04:53

【菊花賞】ヴェルトライゼンデ、パワフルに登坂

ヴェルトライゼンデ=栗東トレセン(撮影・安部光翁)

ヴェルトライゼンデ=栗東トレセン(撮影・安部光翁)【拡大】

 《栗東》神戸新聞杯2着ヴェルトライゼンデ(池江、牡)は、パワフルなフットワークで4ハロン55秒9-12秒7で登坂。岩崎助手は「いい感じでしたし、順調に来ています。操作性がいいので、距離が延びてもいいと思います」と話した。

 同9着マンオブスピリット(斉藤崇、牡)は、軽快な脚取りで4ハロン56秒7-13秒4で坂路を駆け上がった。「水曜に結構しっかりやったことで、体も動く感じになっています」と斉藤崇調教師。

 セントライト記念5着ヴァルコス(友道、牡)は馬なりで坂路4ハロン57秒2-13秒6。「心身ともに、競馬に向けて準備が整ってきています。あとは当週にやって、いい雰囲気を作って(レースに)向かえれば」と大江助手は笑みを浮かべた。

★菊花賞の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載