中央競馬:ニュース中央競馬

2020.10.18 15:09

【もみじS】ドゥラメンテ産駒アスコルターレが4番手から差し切る

ゴール前で強襲しもみじSを制したアスコルターレ

ゴール前で強襲しもみじSを制したアスコルターレ【拡大】

 10月18日の京都9R・もみじステークス(2歳オープン、芝・外1400メートル)は、松山弘平騎手騎乗の2番人気アスコルターレ(牡、栗東・西村真幸厩舎)が4番手追走から直線に入ると逃げたヒトヨギリ(3番人気)をゴール前でクビ差捕らえて快勝した。タイムは1分22秒8(稍重)。

 クビ+クビ差の3着にはジャカランダレーン(1番人気)が続いた。

 もみじSを勝ったアスコルターレは、父が新種牡馬のドゥラメンテで、母アスコルティ、母の父デインヒルダンサーという血統。通算成績は3戦2勝。

 ◆松山弘平騎手(1着 アスコルターレ)「スタートが良く、外回りのしぶった馬場もしっかりこなしてくれましたのは良かったです。いい競馬をしてくれました」

 ◆西村真幸調教師(同)「前走時よりデキが良く、新馬のときのような前向きさがあったね。体がひと回り大きくなってパワーアップしたからこの馬場もこなせた。次走はオーナーと相談して決めたい」」

★18日京都9R「もみじS」の着順&払戻金はこちら