中央競馬:ニュース中央競馬

2020.10.18 12:48

【馬場情報】18日(日)

 《東京競馬場》 芝・重→稍重 ※クッション値 8.2(標準、測定時刻7:00) ダート・重
 【芝】重馬場でスタート。内側は昨日、雨中での競馬もあり、掘れてきている。「内はそこまで悪くはないですが、真ん中くらいのほうが馬場はいいです」と木幡育也騎手。これから乾いていったとしても、真ん中寄りがいい馬場といえる。(関東エイト・高尾幸司)

 【ダート】昨日と同じ重発表だが、「きょうは晴れ間も見えているぶん、昨日と比べるとだいぶ乾いてきた印象。ただ、まだ多少の水分を含んでいますからね。走りやすい馬場という感じ。午後はさらに乾きそうだけど、基本的には前が有利だと思います」と石橋脩騎手。(関東エイト・鈴木亨)

 《京都競馬場》 芝・重→稍重 ※クッション値 8.2(標準、測定時刻7:00) ダート・不良
 【芝】重スタートから稍重へ。時計、上がりはかかっているが、昨日のような内を空けるシーンがなく、馬場の内側からでも脚を使えるコンディション。さらに回復が進むようなら、ロスのない立ち回りが要求される。

 【ダート】3Rでレコードが飛び出すなど、水の浮いていた昨日よりさらに走りやすくなっている印象。短距離ではテンに動ける機動力が必須。ペースが速くなりやすいだけに、中距離で待機組の2、3着は考えておきたい。(関西エイト・増井辰之輔)

 《新潟競馬場》 芝・良 ※クッション値 9.3(標準、測定時刻7:00) ダート・良
 【芝】「だんだんと悪くなっていますね。こういう馬場が苦手な馬には厳しいのかなと思います」と岩田望来騎手。(関東エイト・翔太郎)

 【ダート】「良馬場ですが、パワーの要る感じではなく、軽くて走りやすいですね」と1R(1800メートル)騎乗の丸太恭介騎手。(関東エイト・阿部一広)