中央競馬:ニュース中央競馬

2020.10.17 15:13

2週連発! ギャロップ和田が単勝一本勝負で4万1000円

和田稔夫記者

和田稔夫記者【拡大】

【ギャロップ和田稔夫の「単勝全速力!」】土曜東京9R

 【東京9R・プラタナス賞】 ◎④タイセイアゲイン

 さて、今週も『秋の2歳単勝』(通常の払戻金に売り上げの5%相当額を上乗せ)で勝負しましょう。雨の予報で芝のコンディションが読みにくく、前週と同様にダート戦から狙いをチョイスしました。

 タイセイアゲインは8馬身差で圧勝したデビュー戦のパフォーマンスが印象的。スローペースとはいえ、ラスト2ハロン12秒0-11秒8のラップは見逃せない。それも軽くGOサインを送った程度でノーステッキ。先頭に立ってからもグングンとスピードに乗り、最後まで余力十分に駆け抜けた。

 パイロ産駒なら1600メートルへの距離短縮はOK。雨馬場のスピード勝負になっても無難に対応できるだろう。芝からのスタートで置かれるようなことさえなければ流れに乗せていけるはずだ。プライムデイやゴールドレガシーあたりも能力を感じさせるが、人気が分散すれば十分な配当を見込める。

 いつも通り、単勝一本で狙い打つ。

《単勝》
 ④番 1万円

 ※結果…単勝のワダ(?)が2週連続的中! ◎タイセイアゲイン(3番人気)が好位から抜け出して《単勝》一本4万1000円いただきました。

和田稔夫(わだ・としお) 週刊Gallop記者(東京) 

取材・結果分析

本命~中穴

単勝

プロフィル

1974年生まれ、千葉県出身。青春時代は高校球児。いつしか競馬の魅力に取りつかれ、トラックマンを夢見て競馬エイト編集部のアルバイトに運良く潜り込む。その後、サンスポレース部を経て週刊Gallopへ。現場一筋で本誌予想を担当。

予想スタイル

想定に力を注ぎ、いち早く狙い馬をピックアップ。さらにレース内容の復習や結果分析、関係者への取材をもとに各馬の適性や好走時のパターンをチェック。馬券は多点買いで資金を分散するより、単勝に全力投球。アベレージヒッターを目指す。

※和田稔夫の予想を閲覧するにはベーシックパックをご購入していただく必要があります