中央競馬:ニュース中央競馬

2020.10.9 04:57

【京都大賞典】厩舎の話

 ◆アイスバブル・池江師「1回使って攻め馬は動けている」

 ◆アルバート・橋口師「張りも良く、年齢を感じさせない」

 ◆カセドラルベル・余田助手「普段の走りは重さを感じない」

 ◆キセキ・角居師「京都はGIを取っている。雨も苦にしないと思う」

 ◆キングオブコージ・安田翔師「行儀良く走っていた。背負ったことのない斤量(57キロ)でGII戦だけど、彼本来の走りができれば」

 ◆グローリーヴェイズ・尾関師「休み明けとしては十分な感じ」

 ◆シルヴァンシャー・池江師「臨戦過程は今年の方がいい」

 ◆ステイフーリッシュ・矢作師「(調教は)思った通りの内容。積極的なレースをしたい」

 ◆タイセイトレイル・川須騎手「すごく乗りやすいです」

 ◆ダンビュライト・音無師「動きは上々。去勢の効果が出る頃だと思うし、京都もいい」

 ◆ドゥオーモ・野中師「仕上がりはいい。馬場が渋るのはいい」

 ◆ノーブルマーズ・宮本師「追い切りの感じは良かった」

 ◆バイオスパーク・浜田師「先週の追い切りで気持ちが入ってきた」

 ◆パフォーマプロミス・藤原英師「状態はいいし、条件もいい」

 ◆モンドインテロ・手塚師「京都は相性がいいけど、坂路中心(の調整)でGIIでは厳しい」

 ◆リッジマン・庄野師「牧場でもしっかり乗り込んでもらった」

★京都大賞典の出馬表はこちら 調教タイムも掲載