中央競馬:ニュース中央競馬

2020.10.4 04:35

【ききょうS】ポールネイロンが逃げ切り2勝目マーク

ききょうSは、ポールネイロンが積極的にハナを奪うと、後続に抜かせることなくクビ差で2勝目をマーク。2歳コースレコードを0秒4更新した

ききょうSは、ポールネイロンが積極的にハナを奪うと、後続に抜かせることなくクビ差で2勝目をマーク。2歳コースレコードを0秒4更新した【拡大】

 3日の中京9R・ききょうS(2歳OP、芝1400メートル)は、単勝1・7倍と断然の1番人気に支持されたポールネイロン(栗・矢作、牝、父オルフェーヴル)が、スタートから積極的にハナを奪うと、後続に抜かせることなくクビ差で2勝目をマーク。勝ちタイム1分21秒1は、2012年にレッドオーヴァルが記録した2歳コースレコードを0秒4更新した。

 「いいスピードがあるので、逆らわないでハナに行きました。初戦よりきついラップでも踏ん張り切りましたし、心肺機能が高いですね」と藤岡佑騎手。快勝に矢作調教師は「賞金を加算できたので、このあとは阪神JF(12月13日、阪神、GI、芝1600メートル)に直行します」と語った。

★3日中京9R「ききょうS」の着順&払戻金はこちら