中央競馬:ニュース中央競馬

2020.10.27 14:30

水戸正晴が自作馬柱を解説

水戸正晴記者

水戸正晴記者【拡大】

 競馬予想ツール「Deep」では現在、3人のプロ予想家が作ったスペシャルパターンで馬柱を表示することができます。詳しくはこちら

 ここでは、サンケイスポーツの競馬記者・水戸正晴が作った馬柱を、本人のコメントとともにご紹介します。


水戸正晴が作ったパターンで表示した馬柱の一部


水戸正晴の馬柱の配置図

★水戸正晴のコメント

 穴党の私が、“純粋”に競走馬を選別する最も重要な要素と考えているのが血統。それも父系ではなく母系を重視している。母系からどのような活躍馬が出ているか、その時代に主流をなした世界的種牡馬がどれだけ母系に入っているかを重点に置いて予想を検討している。そういう意味では、馬情報に、父、母、母の父、祖母(母の母)の馬名だけでなく、祖母の父の馬名や母の母の母の馬名まで入れられる「Deep」はうれしい。本音を言えば5代、6代、7代前まで見たいのだが、これでもまずまず活用できる。
 母系を軸に、厩舎や騎手へ取材した手応え(コメント)、調教内容、生産者、馬主、人気、馬体重、戦績、レース当日の馬場状態を加味して予想を組み立てるので、馬情報に入れる情報が増えるのは致し方ないところ。馬情報に当該レース週の追い切り情報が加われば言うことないが、現時点ではできないようなので調教注目馬の★マークを入れておいた。
 馬情報のスペースが大きくなるぶん、出走履歴に入れる情報は必要最小限にとどめ、できるだけシンプルにした。

※水戸正晴が作ったパターンで馬柱を表示するには、どのレースでもいいのでDeepの出馬表ページへ移動後に「馬情報切替」を押し「水戸正晴の馬柱」を選択。さらに「出走履歴切替」を押し「水戸正晴の馬柱」を選んでください。完全無料でログインも必要ありません。天皇賞・秋の場合はこちら

Deepとは

水戸正晴(みと・まさはる) 東京サンスポ記者 

血統

単勝・馬連

プロフィル

1948年生まれ、東京都出身。輝ける団塊の星。数々の大穴を当ててきたサンスポの看板記者。馬券以外にも伝説は数知れず。年齢を感じさせないフットワークの軽さと人脈の豊富さで精力的に取材する。

予想スタイル

予想の基本は血統で、母系を丹念に調べあげる。着順と着差のミスマッチも判断材料。レースにあった馬を探し出し、その中からトレセンでの取材を加味して予想を組み立てる。