中央競馬:ニュース中央競馬

2020.10.27 14:30

松本ヒロシが自作馬柱を解説

松本ヒロシTM

松本ヒロシTM【拡大】

 競馬予想ツール「Deep」では現在、3人のプロ予想家が作ったスペシャルパターンで馬柱を表示することができます。詳しくはこちら

 ここでは、競馬エイトのトラックマン・松本ヒロシが作った馬柱を、本人のコメントとともにご紹介します。


松本ヒロシが作ったパターンで表示した馬柱の一部


松本ヒロシの馬柱の配置図

★松本ヒロシのコメント

 上がりタイムやラップタイム重視派なので、新聞に収容しきれない「必勝データ」のレースラップ、前後半のラップタイムを馬柱に組み込めるのは非常にありがたい。毎週レースを見て、ほとんどのレースは頭にインプットされているものの、バイアス(馬場傾向)を思い出すのに「曜日」があるのは助かるし、前走とのオッズ差をすぐにチェックできるのもとても便利だ。1~3着馬の馬名を組み込むことで、加齢とともに記憶力が薄れつつあるだけに非常に助けられている(笑い)。
 Deepがスタートして、今の仕様に落ち着くまでに3回、いや4回、もっとかも…レイアウトを変えている。日々開発が進んでいるようで、データがどんどん増えていく。そのせいで、馬柱もどんどん大きくなっていく(苦笑)。それでも、PCがメインの自分にとっては、膨大なデータ類を一覧化できるのは本当にありがたい。競馬エイトの予想をする際に、テレビ出演の前にといつも使わせてもらっている、ヒロシのマストアイテムだ。
 他にも採用してほしいデータもあるので、これからも積極的に開発に口を挟むつもり。ユーザーの皆さんとともにどんどんDeepを進化させられたらと思う。そうそう、どなたかスマホで最適なレイアウトを教えてください。すぐにカスタマイズに登録するので!

※松本ヒロシが作ったパターンで馬柱を表示するには、どのレースでもいいのでDeepの出馬表ページへ移動後に「馬情報切替」を押し「松本ヒロシの馬柱」を選択。さらに「出走履歴切替」を押し「松本ヒロシの馬柱」を選んでください。完全無料でログインも必要ありません。天皇賞・秋の場合はこちら

Deepとは

松本ヒロシ(まつもと・ひろし) 関東エイト想定班 

舞台適性・近走

穴指向

馬単・3連単

プロフィル

1963年生まれ、京都府出身。小学校6年生のときに見たカブラヤオーの走りに魅了され競馬好きに。現在はフジテレビ系『みんなのKEIBA』、フジテレビONE『競馬予想TV!』に出演中。

予想スタイル

各馬の舞台適性、過去の相手関係を精査し、そのレースでの独自のランキングを算出。そこから「隠れ格上馬」を発掘することがヒロシ流穴予想のメソッド。