中央競馬:ニュース中央競馬

2020.9.17 16:46

相沢師コラム・トレセン365日WEB版(125)~3日間競馬は2頭をおすすめ・アストロブレイク&サンキューレター

まだ緩さのあった前走のデビュー戦で2着に健闘したサンキューレター(左から2頭目)。19日の中山2Rに出走を予定している

まだ緩さのあった前走のデビュー戦で2着に健闘したサンキューレター(左から2頭目)。19日の中山2Rに出走を予定している【拡大】

 今週に入って、美浦トレセンはようやく秋らしい涼しさを感じられるようになりました。長かった今年の猛暑。コロナもあり、皆さんも大変な夏だったのではないですか。

 競走馬にとっても、今年は例年以上に厳しい夏だったと思います。われわれとしてはできる限りの暑さ対策を行って、管理馬をレースに送り出すのですが、それでも万全にはいかないケースは出てきてしまいます。

 先週12日の中山2レース、1番人気に支持してもらったタマダイヤモンドは直線を向く前に手応えが怪しくなり、10着に敗れてしまいました。どうしたのかと思ったのですが、レース後、引き上げてきた馬からは軽い熱中症のような症状が見られました。応援してくれた皆さんには本当に申し訳ない気持ちですが、9月も10日を過ぎてこんな現象に見舞われるとは正直驚きで、もうこれは異常気象というしかありません。

 それだけに涼しくなった今週こそ、いい競馬をお見せしないとと気合が入っています。今週は土、日、月の3日間開催。翌週、火曜日が全休日となる3日開催は人間側のリズムが狂うのであまり得意ではないのですが、そうも言ってられないので頑張ります。

 というわけで今回は強気に(?)2頭おすすめをあげさせてもらいます。まず21日(月)の中山9R・浦安特別のアストロブレイクは新潟を目標に仕上げてきたので、臨戦態勢はばっちり。もっと上のクラスでもと思っているので、すんなり通過してほしいところ。もう1頭、19日(土)中山2Rのサンキューレターはまだ緩さのあった前走のデビュー戦で2着。武騎手も「これから良くなる」と言ってくれましたし、順当に上向いているので頑張ってくれると期待しています。 

■相沢郁(あいざわ・いくお)

 1959年6月19日生まれ。北海道出身。麻布大学獣医学部で獣医師免許を取得。98年に厩舎を開業。初年度からウメノファイバーが京王杯3歳Sを優勝し、翌年にオークス制覇。2012、13年にJRA賞優秀調教師賞を受賞。これまでにJRA重賞18勝をあげている。趣味はお酒。