中央競馬:ニュース中央競馬

2020.9.16 05:00

【セントライト記念】ダノンファスト芝で“脚試し”

天の川賞でダート3勝目を挙げたダノンファスト。再挑戦の芝でタイトル奪取を狙う

天の川賞でダート3勝目を挙げたダノンファスト。再挑戦の芝でタイトル奪取を狙う【拡大】

 今週末からの3日間開催の最終日(21日)には、中山競馬場で菊花賞トライアルのGIIセントライト記念が行われる。春のクラシックを戦ってきた実績馬も登場するなか、異彩を放つのがダートで5戦3勝2着2回の成績を残すダノンファストだ。ダートでは世代上位の力を示しているが、もともと陣営は芝で期待をかけていた馬。砂で力をつけてきたいま、芝の重賞でどんな走りを見せてくれるのか楽しみだ。

 満を持して芝での“脚試し”だ。ダートで【3・2・0・0】のダノンファストが芝で重賞に初挑戦。菊沢調教師は「今後の試金石だね」とひそかな自信をのぞかせている。

 もともとは芝で期待されていた馬で、デビューから2戦は芝で3着。勝ち上がるまであと一歩のところまできていたが、3戦目にダートに転向すると、3番手から2着に2秒3差もつける大差勝ちの圧倒的なパフォーマンスを演じた。

 そこからはダートで常に上位争い。2勝目で2着に破ったキタノオクトパスは後にジャパンダートダービー3着馬。2着だった青竜Sでクビ差の勝ち馬デュードヴァンはユニコーンSで2着と、世代トップクラスの力を見せ、このままダートの頂点を目指すかに思われたが、ここにきての方針転換だ。

 「以前は緩くて、脚のさばきも硬かった。だからダートを使ったら、思いのほか走ったからね。いまでも緩いところはあるけど、だいぶしっかりしてきたし、幼かった体がひと回り大きくなってしっかりしてきた」

 トレーナーは成長を感じて芝への再挑戦を決断。このレースを目標に調整を進めてきた。ダートでも左回りは2着までだが、右回りなら3戦3勝。「左回りがダメではないけど、右回りの方が断然いい。(横山典)ジョッキーも、右と左では全然違うと言っているからね」と右回りでこそのチャレンジでもある。

 「ダートで古馬相手の上のクラスにいくと、パワーが必要。折り合いがつくから距離は大丈夫だし、右回りで今の中山の軟らかい芝ならね」と芝の実績馬たちに自信を持って挑む。ここで権利を取って菊花賞に向かうかどうかは距離的にも微妙なところだが、結果次第では今後の芝路線の新星となりうるだろう。

 先週は産経賞セントウルSを“ダノン”スマッシュが勝ち、京成杯AHは横山典騎手のトロワゼトワルが制した。ノリ&“ダノン”の勢いでダノンファストが、初の重賞タイトルを芝で手にしても不思議はない。 (柴田章利)

★セントライト記念の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載