中央競馬:ニュース中央競馬

2020.9.13 16:36

サンスポ片岡が京成杯AHで単連ワイド総取り

片岡良典記者

片岡良典記者【拡大】

【オジサン片岡良典の独り言】日曜中山11R

 【中山11R・京成杯オータムH】 ⑩トロワゼトワルに◎。

 昨年は52キロのハンデで大逃げを打ってV。その後は今イチなレースを続けていたが、前走の関屋記念では久しぶりにこの馬らしいしぶとさを快速ぶりを見せて2着に頑張った。レース前日の土曜はかなりの雨量があると天気予報では言っていたが、開幕週の芝はそんなに悪くならない。予報よりも雨量が少なく、ちょうどいいお湿り程度になった。ならば、この馬がハナを叩けば上位争いでできる可能性は高くなる。今年のハンデは55キロ。まあ、仕方がないところか。枠順も昨年と同じ10番枠なら昨年と同じ戦法でいいではないか。連覇に期待する。

《単勝》
 ⑩番 1000円

《馬連》
 ⑩-①②③⑤⑧⑨⑯ 各500円

《ワイド》
 ⑩-①②③⑤⑧⑨⑯ 各700円

 ※結果…◎⑩トロワゼトワル(4番人気)が見事連覇達成です。東京サンスポの片岡良典記者は単勝&馬連&ワイド(ダブル的中)で計4万830を獲得しました。

片岡良典(かたおか・よしのり) 東京サンスポ記者 

取材・直感

本命時々大穴

単複・馬連

プロフィル

1968年生まれ、京都出身。3年間の牧場勤務を経て、94年3月から関東競馬エイトの想定班でデビューし、2001年5月から東京サンスポに移籍。現在は若手に「働け~」と檄(げき)を飛ばしながら自身も老体にムチ打つ? 目標は水戸万助先輩のように70歳まで現役記者!

予想スタイル

子供の頃から根っからの競馬オタク。これが案外武器になる。コテコテの関西弁で昭和の匂いを漂わせながら「どうなん? ええの? 勝負になるの?」とせっせと独自のスタイルで取材を重ねる浪漫人情派。勝ってほしい馬に◎が本音。馬券は単勝、複勝が基本であとは馬連を少々。

※片岡良典の予想を閲覧するにはベーシックパックをご購入していただく必要があります