中央競馬:ニュース中央競馬

2020.8.2 18:33

【クイーンS】18キロ増のフェアリーポルカは6着 和田竜「馬格が大きくなって成長を感じた」

クイーンSで6着に敗れたフェアリーポルカ

クイーンSで6着に敗れたフェアリーポルカ【拡大】

 8月2日の札幌11Rで行われた第68回クイーンステークス(3歳以上オープン、牝馬、別定、GIII、芝1800メートル、14頭立て、1着賞金=3600万円)は、吉田隼人騎乗の11番人気レッドアネモス(4歳、栗東・友道康夫厩舎)が直線抜け出し重賞初制覇。タイムは1分45秒9(良)。

 前走から18キロ増での出走となったフェアリーポルカは、スタートをしっかり決めると中団の馬群を追走。3コーナー過ぎで早くも鞍上の手が激しく動く苦しい展開の中、しっかりと脚を伸ばすもあともうひと伸び足らず6着に終わった。中山牝馬S→福島牝馬Sと牝馬重賞3連勝ならなかった。

 ◆和田竜二騎手「最後は3コーナーで入りたいところへ入り込めなかったぶんの差。でも、馬格が大きくなって成長を感じました」

★【クイーンS】払い戻し確定!! 全着順も掲載