中央競馬:ニュース中央競馬

2020.7.5 04:53

エネイブル注目の今年初戦!ジョン・ゴステン師が語る

ジョン・ゴスデン調教師

ジョン・ゴスデン調教師【拡大】

 エクリプスSに参戦するGI10勝馬エネイブル(英、牝6)のジョン・ゴスデン調教師(69)が、6歳初戦を目前に控えた女王の仕上がり、このレース連覇に向けた心境などを語った。

 ◇

 --ここまでの調整過程は

 「4月以降に徐々にペースを上げて、6月から速い調教も行っている。コロナ禍で(6月英国の)ロイヤルアスコット開催が行われるかどうか分からなかったので、確実に施行されそうなエクリプスSを目標にしてきた」

 --馬の状態は

 「6歳牝馬にしては大きくて力強い馬だが、年齢的に代謝が変わってきたのか、レースに向けて体重を落とし、レース用のコンディションに持っていくのが難しくなっている。ただ、走ること自体は好きで、速い調教も喜んでやっているし、単純に年齢的なものだと思っている。今年も最大目標は凱旋門賞なので、初戦の今回が体調面のピークにあるわけではない。ここを使ってもっと良くなっていくだろう」

 --ゲートは3番枠。レースのイメージは

 「サンダウン競馬場はコーナーが少しきついが、直線が4ハロンの上り坂なので問題ないと思う。包まれやすいコースなので、内ラチ沿いを進むというよりは、内に1頭入れて運ぶのではないかな。展開的には、ガイヤースが行って、バンコクも前走で前に行った。マジックワンドも同様だろう。ペースは平均くらいでスローにはならないのでは。あとは、馬のことをよく知っているデットーリ騎手に任せる」