中央競馬:ニュース中央競馬

2020.7.1 04:56

【ラジオNIKKEI賞】芝で連勝中のパラスアテナ

カーネーションCを制したパラスアテナ

カーネーションCを制したパラスアテナ【拡大】

 <美浦トレセン>

 パラスアテナは芝に転じて未勝利→カーネーションCと圧巻の連勝。佐藤助手は「芝の適性もあったのだろうけど、精神面での成長が大きい。デビュー前はチャカチャカしていたが、今はどっしりしている。ハンデ52キロだし、福島でも勝っているので」と楽しみにする。

 コンドゥクシオンは芝の重、不良で2戦2勝と無類の道悪巧者。前走・青葉賞は12着だったが、「距離が長かったし、枠順も悪かった。道悪は上手だから消耗戦になれば」と中舘調教師。

 <栗東トレセン>

 ルリアンは骨折による8カ月半の休養から復帰して連勝。佐々木調教師は「休んでいる間に一気にパワーアップした。調整過程においては全く不安はない。楽しみな逸材であるのは間違いない」と期待を寄せる。

★ラジオNIKKEI賞の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載