中央競馬:ニュース中央競馬

2020.6.28 15:44

【宝塚記念】牝馬強し!クロノジェネシスが2つ目のGIタイトル奪取

後続に6馬身差をつけ圧勝したクロノジェネシス

後続に6馬身差をつけ圧勝したクロノジェネシス【拡大】

 6月28日の阪神11Rで行われた第61回宝塚記念(3歳以上オープン、GI、芝2200メートル、定量、18頭立て、1着賞金=1億5000万円)は、北村友一騎手騎乗の2番人気クロノジェネシス(牝4歳、栗東・斉藤崇史厩舎)が勝利。昨年の皐月賞馬サートゥルナーリアや、ファン投票2位でGI連勝を狙ったラッキーライラックらを撃破。上半期を締めくくる大一番を制しGI2勝目を挙げた。タイムは2分13秒5(稍重)。

 6馬身差の2着にはキセキ(6番人気)、さらに5馬身遅れた3着にモズベッロ(12番人気)が入った。なお、1番人気のサートゥルナーリアは4着に敗れた。

 昨年の秋華賞馬クロノジェネシスは、デビューから一貫して手綱を取る北村友一騎手とのコンビで、前走の大阪杯でクビ差敗れたラッキーライラックに雪辱し、牡馬たちを退けた。これで牡牝混合戦は5戦4勝、2着1回と連対率100%を記録。

 また、今年の牡牝混合GIレースでは、牝馬の活躍が目立っており、高松宮記念、大阪杯、安田記念の3レースで牝馬がワンツーフィニッシュ。グレード制が導入された1984年以降、牡牝混合のGIで牝馬が年間4勝を挙げるのは、2008年(5勝)以来12年ぶり2回目となった。

 宝塚記念を勝ったクロノジェネシスは、父バゴ、母クロノロジスト、母の父クロフネという血統。北海道安平町・ノーザンファームの生産馬で、馬主は(有)サンデーレーシング。通算成績は11戦6勝。重賞は昨年のクイーンC(GIII)、秋華賞(GI)、今年の京都記念(GII)に次いで4勝目。宝塚記念は、斉藤崇史調教師、北村友一騎手ともに初勝利。

 ◆北村友一騎手(1着 クロノジェネシス)「本当に強かったです。馬場とか周りの馬のことを気にせず、自分の馬を信じて乗れればと思っていました。スタートが決まったのが大きいし、折り合える位置でリズムよく運べました。いつもこの馬に乗せてもらっていて、この手応えで直線を回ってきたら絶対伸びてくれると思っていました。馬がその期待に応えてくれました。体重が示す通りプラス10キロということで、体もすごくパワフルになってきました。たくさんの支持を頂いて結果を出すことができて、うれしいの一語です」

★【宝塚記念】払い戻し確定!! 全着順も掲載

関連

  • 直線グングンと伸びて2着馬に6馬身差をつけ圧勝したクロノジェネシス
  • 昨年の秋華賞以来のGⅠ2勝目を挙げたクロノジェネシス
  • 宝塚記念を制したクロノジェネシス
  • クロノジェネシスの馬上で喜ぶ北村友一騎手
  • 宝塚記念を制したクロノジェネシスと北村友一騎手
  • 宝塚記念を制したクロノジェネシスと北村友一騎手
  • 宝塚記念を制したクロノジェネシス
  • 宝塚記念を制したクロノジェネシス
  • 宝塚記念を制したクロノジェネシス
  • 宝塚記念を制したクロノジェネシス
  • 宝塚記念で2着に敗れたキセキ
  • 宝塚記念で3着に敗れたモズベッロ(中央)
  • 宝塚記念で4着に敗れたサートゥルナーリア
  • 宝塚記念で6着に敗れたラッキーライラック
  • クロノジェネシスで宝塚記念を制し会見に応じる北村友一騎手
  • 会見を行う斉藤崇史調教師
  • 北村友一騎手と斉藤崇史調教師