【安田記念】新マイル女王誕生!グランアレグリアが戴冠 現役最強馬アーモンドアイは2着

2020.6.7 15:43

 6月7日の東京11Rで行われた第70回安田記念(3歳以上オープン、GI、芝1600メートル、定量、14頭立て、1着賞金=1億3000万円)は、池添謙一騎手騎乗の3番人気グランアレグリア(牝4歳、美浦・藤沢和雄厩舎)が勝利。史上最多の芝GI8勝目を狙った現役最強馬アーモンドアイや、昨年の覇者インディチャンプらを撃破。東京競馬場で開催される5週連続GIのラストを飾る春のマイル王決定戦を制した。タイムは1分31秒6(稍重)。

 2馬身半差の2着にはアーモンドアイ(1番人気)、さらに半馬身差遅れた3着にインディチャンプ(2番人気)が入った。

 前走の高松宮記念で初めての1200メートル戦に挑んだグランアレグリア。速いペースに戸惑いながらも、メンバー中で上がり3ハロン最速タイの33秒1というすさまじい末脚を披露し、繰り上がりで2着。その後、発熱のためヴィクトリアマイルを見送ることになったが、ここを目標に万全の態勢で臨み、見事戴冠を果たし新マイル女王に輝いた。

 グレード制が導入された1984年以降の安田記念で牝馬Vは、ダイイチルビー(1991年)、ノースフライト(1994年)、ウオッカ(2008・09年)に次ぐ4頭目。

 安田記念を勝ったグランアレグリアは、父ディープインパクト、母タピッツフライ、母の父Tapitという血統。北海道安平町・ノーザンファームの生産馬で、馬主は(有)サンデーレーシング。通算成績は8戦5勝。重賞は18年サウジアラビアRC(GIII)、昨年の桜花賞(GI)、阪神C(GII)に次いで4勝目。安田記念は、藤沢和雄調教師は97年タイキブリザード、98年タイキシャトルに次いで3勝目、池添謙一騎手は初勝利。

 ◆池添謙一騎手(1着 グランアレグリア)「まずはしっかりいい状態に仕上げてくれて、返し馬でそれを感じることができましたし、関係者には感謝したいです。道中は折り合いが大事な馬なので、そこを大事にしました。いいリズムの中でいいポジションでしたので、あとはタイミングひとつだなと思っていました。有力馬が後ろにいたのはわかっていたんですが、外から何がきたのはわからなかったんですが、フタを閉じられるのはいやなので、自信をもって動かしていってしっかりと反応してくれました。アーモンドアイだけでなく、きょうのメンバーはすごいいいメンバーでしたので、そこで勝てたのはグランアレグリアの価値が上がったと思いますし、それを手助けできてよかったです。GIを勝つことができて、ボクの仕事というのがしっかりできたと思います」

★【安田記念】払い戻し確定!! 全着順も掲載

閉じる