中央競馬:ニュース中央競馬

2020.6.6 04:55

【安田記念】最新ナマ情報

◆最内も前向き〔1〕ダノンプレミアム

 最内の〔1〕枠(1)番で、豪州遠征からの帰国初戦を迎える。1987年のフレッシュボイスが勝利してから30年以上、勝ち馬は出ていない枠だが、猿橋助手は「決められた枠でやるだけです」と語った。

◆僚馬が隣同士〔2〕ダノンキングリー&〔3〕ノームコア

 萩原厩舎の2騎、昨年のダービー2着馬ダノンキングリーは〔2〕枠(2)番、昨年のヴィクトリアマイルの覇者ノームコアは〔3〕枠(3)番と隣同士になった。ダノンは美浦南Aコースで、ノームコアは角馬場でそれぞれ調整。「2頭とも追い切り後は特に変わりない。枠順に関しても与えられたところで頑張るだけだと思っています」と萩原調教師。

◆最高枠ゲット〔4〕クルーガー

 ダービー卿CTの勝ち馬は、〔3〕枠(4)番に決まった。高野調教師は「いい枠だと思います。偶数枠に越したことはないですし、(他馬との)並びとしても言うことないですね」と笑顔を見せた。

◆奇数枠も淡々〔5〕アーモンドアイ

 史上初の芝GI8勝目を目指す一戦は、〔4〕枠(5)番からスタートすることが決まった。国枝調教師は「できれば偶数の外枠がよかったけど、与えられたところでがんばります」と淡々とした様子。この日は美浦南Aコース(ダート)でキャンター調整を行い、「中2週は問題ない。(土曜の雨予報で)道悪になっても、(稍重の)シンザン記念であり得ない位置から差し切ったように、次元が違う馬。毎日言っているけど、何も変わりないし、問題ない」と快挙達成に自信をみせていた。いつもどおり土曜(6日)の早朝に東京競馬場へ向けて出発する予定だ。

◆スタート注意〔7〕ペルシアンナイト

 堅実な走りを続ける2017年のマイルCS勝ち馬は〔5〕枠(7)番。兼武助手は「内、外を見ながら運べるし、ちょうど真ん中あたりで悪くないと思います。ゲートで出遅れたりするところがしばしばあるので、スタートには気をつけたいですね」と話した。

◆枠こだわらず〔8〕ケイアイノーテック

 一昨年のNHKマイルC覇者は〔5〕枠(8)番。これまで未勝利の枠ながら2着は3度ある。平田調教師は「枠はどこでも良かった。ゲートが悪いわけでも、前に行くタイプでもないからね」と語った。

◆吉兆ナンバー〔9〕アドマイヤマーズ

 国内外でマイルGI3勝の実力馬は〔6〕枠(9)番。前走の香港マイルと同じ馬番で、“吉兆ナンバー”を引き当てた。友道調教師は「いいんじゃないですかね。香港のときのような競馬になれば」とGI連勝をにらむ。

◆発馬を決めて〔10〕ミスターメロディ

 昨年の高松宮記念勝ち馬は〔6〕枠(10)番。2013年のロードカナロアなど、過去10年で最多の3勝を挙げている。藤原英調教師は「内枠が良かったが、外からでもスッと前に行ける脚がある。スタートを決めてハナに行きたいね」と逃げる構えだ。

◆外の偶数歓迎〔12〕セイウンコウセイ

 〔7〕枠(12)番に入った2017年高松宮記念の覇者は、美浦北の角馬場でじっくりと調整した。「内でもまれるよりは外のほうがゴチャつかないし、偶数でゲートも後入れなのはいい。雨が降っても走れるし、行ければ(ハナへ)行ってもいいと思う」と上原調教師。

◆全力を尽くす〔13〕ヴァンドギャルド

 マイラーズC3着のディープインパクト産駒は〔8〕枠(13)番。これまで未勝利の枠だが、15年ヴァンセンヌなど2着が2度ある。藤原英調教師は「与えられた枠で全力を尽くします」と力を込めた。

◆大外に嘆き節〔14〕ダノンスマッシュ

 重賞5勝を挙げるロードカナロア産駒は〔8〕枠(14)番。過去最多の5勝を挙げる枠で、1993年には、同様に京王杯SCを勝って参戦したヤマニンゼファーが、この枠から優勝している。それでも安田隆調教師は、「最悪、のひと言です。内枠が良かったです」と、大外枠を嘆いていた。

★安田記念の出馬表はこちら 調教タイムも掲載