中央競馬:ニュース中央競馬

2020.5.19 10:12

【プレビュートーク】村瀬、遅れてきた大物デゼル◎

夕刊フジの村瀬記者はデゼルに期待する

夕刊フジの村瀬記者はデゼルに期待する【拡大】

 村瀬 ◎アーモンドアイには素直にしびれましたね。史上最強牝馬は当然として、史上最強馬まで上り詰める可能性も。

  ラヴズオンリーユーの矢作師は「オークスに比べると85%」と。それを聞いて◎をアーモンドに変えて正解やった。

 村瀬 同じドバイ帰りでも個体差があるし、ラヴズは距離が忙しすぎましたね。さ、牝馬クラシック第2弾。今週も迷いなしです。桜花賞に続いて◎デアリングタクトでいきますよ。

  あの競馬を見せられたら本命やろな。中間も順調そうやで。1週前に乗った松山Jは「折り合いがついたし、リラックスしていた。疲れも感じない。輸送はプラスにはならないだろうけど、今の感じでいければ問題ないと思う」ゆうて泰然自若。変な気負いもないし、乗れとる男は冷静やね。

 村瀬 やっぱりこの馬はエルフィンSが別次元でしたから。今度は良馬場で走ってほしい。東京でどれだけ切れるんだろう。

  相手探しか。桜花賞組は決定的な差をつけられたし、新鮮な面々に目がいくのも仕方ない。

 村瀬 冷静に考えたいところですけど、スイートピーSのデゼルはやはり強烈でした。もうちょっと早く仕上がっていたら、超ハイレベルな“2強”になっていた可能性も。でもさすがにデビュー3戦目、中2週というのは厳しいかなあ。

  骨折とかあって時間がかかったけど、ユーキャンスマイルと併せてアオるくらいの馬。あれくらい走って当然やで。

 村瀬 0秒3差の2着スマートリアンはチューリップ賞で0秒3差の5着、エルフィンSで1秒1差の3着。デゼルも他の桜花賞組とは互角、またはそれ以上の評価でいいと思うんですけど、やっぱりここでもデアリングの化け物ぶりが浮き彫りになってしまいます。

  同じ負けなしってことなら、ひと捻りしてアブレイズって手はないか。齊藤助手は「放牧からふっくらして帰ってきたから攻めの調教ができる。センスがいいし、何より勝ち切ってくれるところがいい。輸送も大丈夫」と。藤井Jは「2戦しかしていないから、競馬を分かっていないところがある。道中フワフワと走るので、この距離だからそこを生かしたい」と、独特な表現で意気込みを語っとった。

 村瀬 この馬もキャリア2戦。去年のラヴズオンリーユーでさえ3戦してましたからねえ。

  桜花賞組ならミヤマザクラやろか。1週前を終えた武豊Jは「初めて乗ったけど、走りますね。持ったまま追走できたし、いい動き。血統的にも長いところは歓迎」と絶好の感触。距離が延びて一番ええのはこの馬かも。

 村瀬 前走もいったん置かれながら再加速してましたしね。ただ、そういう意味ならクラヴァシュドールの巻き返しの確率は相当高いように思います。桜花賞では3角付近でズルッと下がる不利。あれがなければ2着争いに加わってたんじゃないかな。

  ミルコJは「3~4角は悲しかった。それでもよく頑張ってくれた。マイルは忙しかったし、距離が延びるのはいいと思う」やて。

 村瀬 まさにそのとおりですね。サリオスの2着だったサウジアラビアRCで東京への輸送を経験しているのも大きいはずです。

  同厩のリアアメリアは猿橋助手が「前走は馬場だと思う。煮詰まらないように中間はリフレッシュ。あとは気持ちの問題」と。

 村瀬 モノはすごいと思うんですけどね。ただ、距離はどうかな。あとは単騎逃げのスマイルカナ、良馬場でサンクテュエール、マルターズディオサの巻き返しがあるかどうか。タフな競馬になったサンスポ賞フローラSのウインマリリンとホウオウピースフルにも出番があるかも。

  そこまで手が回るかどうか。まずはテンションを含め、明日の追い切りに注目やな。

(夕刊フジ)

★オークスの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載