中央競馬:ニュース中央競馬

2020.4.12 15:43

【桜花賞】“新怪物牝馬”誕生!デアリングタクトが無敗で戴冠

デビューから無傷の3連勝で桜花賞を制したデアリングタクト

デビューから無傷の3連勝で桜花賞を制したデアリングタクト【拡大】

 4月12日の阪神11Rで行われた第80回桜花賞(GI、3歳オープン、牝馬、芝・外1600メートル、18頭立て、1着賞金=1億500万円)は、松山弘平騎手騎乗の2番人気デアリングタクト(栗東・杉山晴紀厩舎)が勝利。2歳女王のレシステンシアら粒ぞろいのメンバーが集結した牝馬クラシックの開幕戦を制し、令和初の桜の女王に輝いた。タイムは1分36秒1(重)。

 1馬身半差の2着にはレシステンシア(1番人気)、さらに1馬身3/4差遅れた3着にスマイルカナ(9番人気)が入った。

 デアリングタクトは、新馬→エルフィンSを連勝。2歳戦が実施されるようになった1946年以降、デビュー3戦目での桜花賞制覇は1948年ハマカゼ、1980年ハギノトップレディ2頭と並ぶ桜花賞最少キャリア優勝記録。これまでの勢力図を一気にひっくり返し、“新怪物牝馬”誕生を予感させる勝利となった。

 また、同馬は新種牡馬エピファネイアの産駒。グレード制が導入された1984年以降の桜花賞では、ベガ(トニービン産駒)、プリモディーネ(アフリート産駒)、マルセリーナ(ディープインパクト産駒)、ジュエラー(ヴィクトワールピサ産駒)、アーモンドアイ(ロードカナロア産駒)と5頭の新種牡馬産駒が優勝している。エピファネイアの産駒の重賞初勝利をGIで飾った。

 桜花賞を勝ったデアリングタクトは、父エピファネイア、母デアリングバード、母の父キングカメハメハという血統。北海道日高町・長谷川牧場の生産馬で、馬主は(株)ノルマンディーサラブレッドレーシング。通算成績は3戦3勝。重賞は初制覇。桜花賞は、杉山晴紀調教師、松山弘平騎手ともに初勝利。

 ◆松山弘平騎手(1着 デアリングタクト)「本当に強い競馬をしてくれて、馬にも感謝、乗せていただいた関係者のみなさん、応援してくれたみなさんに感謝の気持ちで一杯です。ポジションはあまり意識していなかったんですけど、馬のリズムを大事に乗ろうと思っていました。そうすれば、最後はいい脚を使ってくれると信じていたので、そういうふうに乗りました。4コーナーでは前もかなり離れていたんですけど、この馬なら届くと信じて、最後は外に出して無我夢中で追いました。最後の最後まで必死で、なんとかかわしてくれ、って気持ちでした。折り合いさえつけば距離はこなしてくれると思うんですが、少しイレ込むところとかが課題になってくると思います」

★【桜花賞】払い戻し確定!! 全着順も掲載

関連

  • 無傷の3連勝で桜花賞を制したデアリングタクト
  • デビューから無傷の3連勝で桜花賞を制したデアリングタクト
  • 桜花賞で直線に向かうデアリングタクト(中央黄色帽子)
  • デアリングタクトで桜花賞を制しガッツポーズを決める松山弘平騎手
  • デアリングタクトで桜花賞を制しガッツポーズを決める松山弘平騎手
  • 無傷の3連勝で桜花賞を制したデアリングタクトと松山弘平騎手
  • 無傷の3連勝で桜花賞を制したデアリングタクトと松山弘平騎手
  • デアリングタクトで桜花賞を制しガッツポーズを決める松山弘平騎手
  • 桜花賞を制したデアリングタクトを管理する杉山晴紀調教師と松山弘平騎手
  • 桜花賞で2着に敗れたレシステンシア(左)
  • 桜花賞で3着に敗れたスマイルカナ
  • 桜花賞で2着に敗れたレシステンシア