中央競馬:ニュース中央競馬

2020.4.1 05:10

【東西現場記者走る】ライラック、距離適性重視で妙味アリ(1/2ページ)

中山記念2着から臨むラッキーライラック。1ハロンの距離延長はプラス材料だ(撮影・安部光翁)

中山記念2着から臨むラッキーライラック。1ハロンの距離延長はプラス材料だ(撮影・安部光翁)【拡大】

 GI勝ち馬を探る連載『東西現場記者走る』。春の中距離ナンバーワンを決める大阪杯は、大阪サンスポの山口大輝記者(28)が担当する。初日は5歳牝馬のラッキーライラックに注目した。昨春は牝馬マイル路線を歩んだが、今年は距離適性を考慮して牡馬相手のGIに参戦。阪神JF、エリザベス女王杯に続く、ビッグタイトルを狙っている。

 今年の大阪杯は、GI馬5頭が参戦予定。他にも重賞3勝馬ダノンキングリーや上がり馬ロードマイウェイなど、好メンバーがそろった。落ち着いた頭数だが馬券的にも面白そう。穴党として、気合を入れて取材したい。

 初日に注目したのは、中山記念2着から臨むラッキーライラック。個人的に、3年前のアルテミスS、阪神JF、昨年のエリザベス女王杯と、本命に推したときはすべて勝利。相性のいい馬だけに、今回もじっくりと見極めたい。CWコースでの調整を見届けた松永幹調教師を直撃した。

 「1回使ってよくなっています。去年の秋もそうでしたが、使って変わってくれた。ここを目標にしていましたからね」

 指揮官はいつも通りの冷静な口ぶりだが、その中にも自信を感じる。昨春は中山記念(2着)からサンスポ杯阪神牝馬S(8着)、ヴィクトリアM(4着)と牝馬マイル路線へ。だが、今年はあえて牡馬相手の大阪杯に照準を定めてきた。その理由について、「距離が延びる方がいい。昨年のエリザベス女王杯(2200メートル)を勝ったことも大きい」と説明。距離適性を重視しての参戦だ。

【続きを読む】

関連

  • 松永幹調教師(左)を直撃する山口記者。陣営の手応えを探った(撮影・安部光翁)