中央競馬:ニュース中央競馬

2020.3.27 05:08

JRA史上初無観客GI開催 福永「勝った実感がないかも」(1/2ページ)

JRA史上初の無観客GIが行われる中京競馬場。静寂の中でスプリント王が誕生する

JRA史上初の無観客GIが行われる中京競馬場。静寂の中でスプリント王が誕生する【拡大】

 JRAは26日、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、28、29日も引き続き無観客競馬を実施すると発表した。29日の高松宮記念は、JRAのGIレースとして史上初めての無観客で行われる。関係者からは、苦悩しながらも開催に対して感謝する声が上がった。

 世界的な猛威を振るう新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、ついに今週の高松宮記念はGI史上初の無観客で開催されることになった。JRAでは2月29日から無観客競馬を実施。売り上げは通常の80%程度にとどまっているが、関係者は開催そのものに感謝する声が大きい。

 「ファンの歓声がないのは残念だけど、最低限の人員でレースを行う中、ジョッキーも厩舎スタッフも、本当は不安がありながらだと思う。今、競馬をやらせてもらえているのは奇跡的」

 高松宮記念にタワーオブロンドンとグランアレグリアの有力馬2頭を出走させる藤沢和調教師は感慨深げに口にした。諸外国の例を出すまでもなく、感染がさらに拡大すればいつ開催中止になってもおかしくない状況。トレセンでも感染者が出ないよう、一丸となって対策に取り組んでいる。現状はその成果があって開催できている形だ。

【続きを読む】