中央競馬:ニュース中央競馬

2020.3.27 05:06

【馬体重プラス?マイナス?】高松宮記念

 タワーオブロンドンは、前走から2キロ増の522キロ。5カ月ぶりの前走は520キロとやや余裕残しだったが、長距離輸送をはさめば昨秋のスプリンターズS(514キロ)に近い理想的な数字で出走できそうだ。

 ダノンスマッシュは2キロ増の480キロ。昨年も同じく事前発表は480キロで、レース当日は8キロ減の472キロでの出走だった。前哨戦をたたいて、引き締まった馬体で臨めそう。

 グランアレグリアは10キロ増の484キロ。阪神競馬場まで輸送した昨年の桜花賞は事前発表から2キロ減の476キロで、長距離輸送を経てもあまり増減がないタイプ。3カ月ぶりだけに、当日の馬体や雰囲気に注意したい。

★高松宮記念の出馬表はこちら 調教タイムも掲載