中央競馬:ニュース中央競馬

2020.3.26 05:07

【東西トレセンけいこ総見】高松宮記念

迫力や体の張りが先週以上によくなっているように見えたアウィルアウェイ =栗東トレセン(撮影・安部光翁)

迫力や体の張りが先週以上によくなっているように見えたアウィルアウェイ =栗東トレセン(撮影・安部光翁)【拡大】

 正木 さすがGIのスプリント戦。無観客競馬になってしまうと、惜しまれるほどの好メンバーやな。栗東からいこか。

 山口 まずはシヴァージから始めましょう。坂路の真ん中をブレずに真っすぐ上がってきました。時計の出やすい馬場でしたが、4ハロン52秒5-12秒3なら上々。雨でパワーも必要なら楽しみですよ。

 片岡 関東馬も忘れないでください。タワーオブロンドンは千葉記者の“走る”に任せて、ここではセイウンコウセイを推奨します。Wコースで5ハロン67秒9-11秒9。躍動感のあるパフォーマンスにひかれました。4年連続の高松宮記念参戦で1、6、2着。道悪ならおもしろい。

 正木 衰え知らずといえば、ナックビーナスはどうなん?

 片岡 元気いっぱいです。Wコース2頭併せで5ハロン65秒0-11秒8。引っ張り切れないほどの手応えで、馬なりで好タイム。状態面に不安がないし、田辺騎手もいいイメージで乗れるはず。

 正木 こちらは人気やけど、ダノンスマッシュのCWコース追いに好感が持てた。馬なりで4ハロン54秒8-12秒0で、四肢がよく伸びた走り。オーシャンS勝ちから間隔が詰まりながらも落ち着きが保てている。

 山口 人気のなさそうなところでは?

 正木 それならアウィルアウェイやな。シルクロードS勝ちから中7週やから、先週に続いて高野厩舎らしくハードに。いつも通り2本目の登坂で4ハロン52秒8-12秒3。ラスト1ハロンの迫力や体の張りなんかも先週以上によくなっているように見えた。

★高松宮記念の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載