中央競馬:ニュース中央競馬

2020.3.26 16:10

相沢師コラム・トレセン365日WEB版(100)~裕紀人が決める・ライトカラカゼ

石川裕紀人騎手騎乗で2勝目を狙うライトカラカゼ(手前、白帽)

石川裕紀人騎手騎乗で2勝目を狙うライトカラカゼ(手前、白帽)【拡大】

 世界規模で拡大が止まらない新型コロナウイルス騒動。ついに2020年東京オリンピックが、1年後をめどに延期されることが決まりました。また今後、感染者が急激に増加した場合、東京がロックダウンされる可能性すら出てきたと聞きます。

 もしも万が一、そういった事態になると、今のような無観客競馬を続けることも、いよいよ難しくなるのは間違いありません。我々としては決して考えたくないことですが、もし現実になると、影響は果たしてどんな規模になるのか。他のスポーツと違い、我々の競技の中心は“馬”。彼らの維持管理にはそれだけで大変なコストもかかるだけに、開催中止となる事態だけはどうしても避けなければいけません。

 しかもこれからはクラシックシーズン真っ盛り。うちの厩舎でも皐月賞にビターエンダーとブラックホールが出走できそうなだけに、何とかこのまま開催が続いてほしいと、毎日、祈るような気持ちです。無観客のクラシックとなれば寂しいことですが、ありがたいことに今のところ、無観客競馬の売り上げは悪くないと聞いています。ファンの皆様にもどうかご理解いただいて、ぜひGIシーズンを楽しんでいただきたいものです。

 あともうひとつ、五輪が延期になったのですから、この夏の北海道シリーズを従来のように函館→札幌で開催する形に戻すことも可能になったことになります。これも一つの選択肢として、是非検討してもらいたいと思います。

 それでは今週のおすすめを。29日の中山6R、1勝クラスのダート1800メートル戦に出走するライトカラカゼは何とかしたいところ。前走こそ勝ち馬にうまく逃げ切られましたが、引き続き状態もいいので、(鞍上の石川)裕紀人が決めてくれるはず。応援よろしくお願いいたします。

■相沢郁(あいざわ・いくお)

 1959年6月19日生まれ。北海道出身。麻布大学獣医学部で獣医師免許を取得。98年に厩舎を開業。初年度からウメノファイバーが京王杯3歳Sを優勝し、翌年にオークス制覇。2012、13年にJRA賞優秀調教師賞を受賞。これまでにJRA重賞18勝をあげている。趣味はお酒。