【ズバッと!言いたい放題】高松宮記念

2020.3.26 10:59

 しの いよいよ春のGIシリーズに突入です。

 大王 まずは夕刊フジ賞オーシャンS組から。勝ったダノンスマッシュは香港遠征がきっかけで心身ともにたくましさを増した。昨年4着のリベンジを果たしたいところだろう。

 水谷 「中2週なので気持ちを抑える意味で先週、今週とCWコースで。父のロードカナロアも2回目で高松宮記念を勝った。頑張ってチャンピオンになってほしい」と安田隆調教師。

 しの ただ、直線の長いコースでというイメージがないかも。

 東京サンスポ・千葉 3着タワーオブロンドンは逆に「ややもたつくから、直線の長い中京は向いていると思う」と藤沢和調教師。

 大王 前走は休み明けで気負っている面があったし、58キロも響いた。ガス抜きされた今回は良化が著しく、57キロで戦えるのもいい。秋春のスプリントGI制覇は十分に期待できる。

 千葉 藤沢和厩舎からはグランアレグリアも。「すごく気のいい馬なので、間隔が空いていても調整がしやすい。勘のいい馬で、レースが近づいて気が乗ってきた」そう。

 しの 阪神Cでの強さには驚かされました。これまでの実績から広いコースも合いますよね。

 東京サンスポ・片岡 関東馬はステルヴィオもおる。休み明けの阪急杯は5着やったけど、58キロを背負っていたし体にも余裕があった。ひと叩きされた上積みは大きいね。

 しの 初めての6Fですが、父ロードカナロアに母父はフェアリーキング産駒のファルブラヴ。血統的には合いそうです。

 大王 モズアスコットも初挑戦。7Fで3勝しているからスピードは十分だし、鞍上ミルコも魅力だ。

 水谷 体型を見てのチャレンジらしいで。とはいえ矢作調教師は「中間、(検疫先の)東京のダートで調整しなければならず、負荷をかけられなかったことがどうか」とも。

 しの 豪州遠征の予定でしたからね。同オーナーのモズスーパーフレアは中山向きの印象ですが、雨で前が止まらない馬場になるようなら押さえておきたいかも。

 片岡 17年の覇者セイウンコウセイも衰えは感じないし、侮れないぞ。いつ見ても弾むようなフットワークで状態の良さは一目瞭然。中京コースは合うので軽視は禁物だろう。

 大王 シルクロードSを勝ったアウィルアウェイ、スプリント路線で堅実なナックビーナス、マイルから距離を短縮するノームコアなど牝馬勢が穴候補かな。

 水谷 それにしても世界各国の状況から比べると、開催できていることのありがたさを感じずにはいられんなあ。しっかり馬券を的中して、懐具合から免疫力を高めたいもんやな。

 しの そんなことで免疫力が増減したら困ります…。刻一刻と情勢は変わっていますが、今週も無事に開催されることを祈りましょう。(夕刊フジ)

★高松宮記念の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

閉じる