中央競馬:ニュース中央競馬

2020.2.14 05:11

【クイーンC】ルナシオン成長見せる!ルメールと藤沢和師ぞっこん

ルメール騎手との新コンビで重賞奪取を狙うルナシオン。スワーヴリチャードの半妹で陣営の期待は大きい

ルメール騎手との新コンビで重賞奪取を狙うルナシオン。スワーヴリチャードの半妹で陣営の期待は大きい【拡大】

 実績馬、素質馬がひしめき、激戦区と化したクイーンCで、ルナシオンがクラシックへの出走賞金クリアを狙う。大阪杯とジャパンCを勝ち、先日、種牡馬入りが決まったスワーヴリチャード(父ハーツクライ)の半妹だ。10月の東京新馬戦(芝1800メートル)では才能の一端を見せた。

 「時計じゃ計測できない脚を使ったよね」

 藤沢和調教師がそう表現した前走は、直線で馬群に囲まれて加速できなかったが、残り150メートルから父ディープインパクト譲りの切れ味を発揮。3、4馬身前にいた2着馬を一瞬でとらえた。

 4か月の充電で心身ともに成長。「体が大きくなって馬の姿が良くなった。キャンターのような余裕あるフットワークで走っていた先週の動きには驚いたよ」と師が目を丸くする良化ぶりで「いきなりのオープンでも大丈夫。期待の馬です」ときっぱり言い切った。

 最終追い切りに騎乗したルメール騎手も「跳びが大きいし、手応えも抜群。ポテンシャルが高い」と笑顔。名伯楽&名手が絶賛する逸材ルナシオンが、デビュー連勝で牝馬クラシックの有力候補に名乗りを上げる。

★クイーンCの出馬表はこちら 調教タイムも掲載