中央競馬:ニュース中央競馬

2020.1.29 05:01

スワーヴリチャード引退…19年ジャパンCなどGI2勝

19年ジャパンCを制したスワーヴリチャードが、脚部不安を発症。引退し、種牡馬入りする

19年ジャパンCを制したスワーヴリチャードが、脚部不安を発症。引退し、種牡馬入りする【拡大】

 2018年大阪杯、19年ジャパンCを制したスワーヴリチャード(栗・庄野、牡6、父ハーツクライ)が現役を引退して種牡馬に転身することが28日、明らかになった。けい養先は、社台スタリオンステーションで、29日に競走馬登録を抹消される。

 有馬記念で12着に敗れた後、2週間ほどしてから右飛節に腫れと痛みが出はじめたということで、庄野調教師は「大事には至っていませんが、この春の最大目標であるドバイシーマクラシックには万全の状態で出走することは困難と判断し、オーナーサイドとの協議の結果、現役を引退、種牡馬入りが決まりました」と説明した。種付け料は200万円(受胎確認後)に設定された。通算19戦6勝。

★スワーヴリチャードの競走成績はこちら