中央競馬:ニュース中央競馬

2020.1.29 05:01

【田辺裕信 ゆる~い話】馬の矯正馬具効果、ブリンカーが一番

田辺裕信騎手

田辺裕信騎手【拡大】

 ブリンカーをはじめ、シャドーロールやチークピーシズなど、馬の矯正を目的とした馬具がありますが、そのなかで一番効果を感じるものと聞かれると、ブリンカーでしょう。

 特に、初めて装着したときの効果は本当に絶大といえると思います。新聞の馬柱にも“B”のマークがあります。ただ、必ずしも期待している方の効果だけではないということは忘れてはいけません。

 ブリンカーは、ほぼ360度といわれる馬の視界を遮ることで、集中力を増して走れるようにという効果を狙っているわけですが、なかには逆に見えないことに対して不安を覚えてしまって、行かなくなってしまったりする馬というのもいるんです。あとは、逆に視野が遮られてしまうことで敏感になって、走る方ではなく、自己制御が利かなくなってしまう馬たちというのもいますね。

 初めて着けたときが一番効くという話をしましたけど、騎手としては調教で着けておいて、その感覚を教えてもらった方が助かります。何かマイナスがあれば、レースでは着けないようにしようという判断もできます。

 効果は一番ですけど、レースにいってぶっつけで着けて、例えば横に跳んだり、あるいはひっくり返ってみたりということが出てしまったときのリスクもありますので、そこが大丈夫だと分かっていると、騎手としては多少ではあっても不安はなくなりますよね。

 まあ、ブリンカーにも深さに違いがあったり、耳の部分が覆われているものと覆われていないものなど、実にさまざまなタイプがあって、それぞれのタイプや、求める効果によって使い分けられています。他の馬具も、それぞれ求める効果がありますが、やはり一番効果を感じさせられるのはブリンカーです。 (JRA騎手)