中央競馬:ニュース中央競馬

2020.1.28 05:03

サートゥルナーリア、秋に米遠征も

最優秀3歳牡馬サートゥルナーリアが米国に遠征する可能性を語った、キャロットファームの秋田博章代表

最優秀3歳牡馬サートゥルナーリアが米国に遠征する可能性を語った、キャロットファームの秋田博章代表【拡大】

 2019年度のJRA賞授賞式が27日、東京・港区の「ザ・プリンス パークタワー東京」で関係者ら約600人が出席して開かれた。

 昨年の最優秀3歳牡馬サートゥルナーリアが今秋、米国に遠征する可能性が浮上した。ブリーダーズCターフ(11月7日、キーンランド、GI、芝2400メートル)などが選択肢に入るとみられる。(有)キャロットファームの秋田博章代表は「種牡馬としての価値を高めたい」と語り、馬場適性の観点から凱旋門賞への遠征には否定的な見解を示した。春は金鯱賞(3月15日、中京、GII、芝2000メートル)で始動。大阪杯(4月5日、阪神、GI、芝2000メートル)か香港のクイーンエリザベス2世C(4月26日、シャティン、GI、芝2000メートル)を視野に入れる。

★サートゥルナーリアの競走成績はこちら