中央競馬:ニュース中央競馬

2020.1.15 10:52

【愛知杯】サラキア身のこなし素軽く12秒1

サラキア=栗東トレセン

サラキア=栗東トレセン【拡大】

 エリザベス女王杯6着以来のサラキアは栗東坂路で終始馬なりだったが、歯切れのいい身のこなしでラスト1Fを12秒1でまとめた。

 「前走後も順調。スタートが安定してきて、道中でためが利くようになった。小倉はレコードで勝っている舞台なので」と池添学調教師。秋華賞4着、エプソムC2着の能力からすれば、結果を出しておきたい。(夕刊フジ)

★愛知杯の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載