中央競馬:ニュース中央競馬

2019.12.3 16:19

リスグラシューはレーン騎手で有馬記念へ 22日当日限定で騎乗

有馬記念で引退するリスグラシューの鞍上がレーン騎手に決まった

有馬記念で引退するリスグラシューの鞍上がレーン騎手に決まった【拡大】

 豪GI・コックスプレートでGI3勝目を飾ったリスグラシュー(栗・矢作、牝5)は、引退レースとなる有馬記念で引き続きダミアン・レーン騎手(25)=豪州=とコンビを組むことがわかった。3日、矢作調教師が明らかにした。

 今年初めてJRAの短期免許を取得したレーン騎手は、春に規定の期間を使い切っているが、リスグラシューとのコンビで宝塚記念と(JRAが国内で馬券を発売した)コックスプレートを勝利。「臨時試験の実施基準」の中にある「本会GI競走で2勝以上」をクリアしたことで、有馬記念当日のみ1日限定の免許交付が認められた。

 矢作調教師は「JRAが迅速に対応してくれたことを感謝したい。ファン投票のレースで、ダミアンとリスグラシューのコンビをファンが一番望んでると思う。有馬記念が盛り上がってくれれば」と話した。

 過去には、2003年にM・デムーロ騎手がネオユニヴァースで皐月賞と日本ダービーのJRA・GIを2勝した際に、3冠がかかった菊花賞(3着)とジャパンC(4着)当日の騎乗が認められたことがある。

 リスグラシューは3日、着地検疫を行っていた滋賀県・ノーザンファームしがらきから帰厩。矢作調教師は「しがらきでもいたって順調でしたし、体もふっくらして戻っています。引退戦になるし、有終の美を飾りたい」と意気込みを語った。

★リスグラシューの競走成績はこちら