中央競馬:ニュース中央競馬

2019.11.21 11:05

【ジャパンC】厩舎の話

 ウインテンダネス・杉山調教師「叩いての上積みを期待。ゲート練習で駐立はうまくなった」

 エタリオウ・友道調教師「相性のいい舞台だし、走るスイッチが入ればいいレースができる」

 カレンブーケドール・国枝調教師「古馬の一線級が相手だが、53キロでうまく立ち回れば」

 ジナンボー・ムーア騎手「コントロールは問題なさそうだが、相手も強いので進化しないと」

 シュヴァルグラン・友道調教師「しまいの反応は良かった。体は若いし、舞台相性もいい」

 スワーヴリチャード・庄野調教師「馬体は完成の域に到達したし、精神面も大人になっている」

 タイセイトレイル・久保助手「体調の良さで期待したい。父ハーツクライの成長力を感じる」

 ダイワキャグニー・石橋騎手「気を抜かせないよう気をつけて乗った。状態や雰囲気はいい」

 ダンビュライト・松若騎手「自分から動く形が理想。ハナに行く馬がいなければ逃げてもいい」

 マカヒキ・友道調教師「時計、動きはいい。今は2000メートルより2400メートルのほうがいい」

 ムイトオブリガード・柴原助手「もまれ弱いところがあるが、直線でうまく外へと出せれば」

 ユーキャンスマイル・友道調教師「2000メートルでもうまく走るが、長い距離のほうがいい」

 ルックトゥワイス・田代助手「前走のダメージはない。相手は強くなるが、期待している」

 レイデオロ・ビュイック騎手「彼の強みは加速力だと思う。東京コースも2400メートルも合う」

 ワグネリアン・川田騎手「しっかり動けていた。思っていたより気持ちが若くフレッシュだ」(夕刊フジ)

★ジャパンCの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載