中央競馬:ニュース中央競馬

2019.11.21 05:09

【ジャパンC】レイデオロ・藤沢和師トーク

藤沢和雄調教師  

藤沢和雄調教師  【拡大】

 --秋初戦の産経賞オールカマーは4着

 「もう少しいい結果になると思っていたが、ゴール前の手応えがもうひとつで競馬ぶりも良くなかった。ドバイや宝塚記念の疲れが抜けきってなかったのかも」

 --中間の雰囲気は

 「放牧を挟んで、体つき、毛づやが良くなり気持ちの面でも変わった。この時期の気候的なものなのかな。昨年勝った天皇賞・秋くらいの感じにあると思う」

 --最終追い切りを見て

 「時計は速くないけれどいい動き。先週もずいぶん動きが良かったが、今週も気合が入って良さそうだった」

 --東京は【3・1・0・0】と得意

 「デビューした場所でもあるし、ダービー、天皇賞・秋も勝たせてもらって、ずっと成績がいいね。3歳時のジャパンCも2着だったが、当時より馬もずいぶんたくましくなっている」

 --ビュイック騎手になった経緯は

 「ルメールがアーモンドアイで参戦する可能性もあったので、早い段階でビュイックに頼んだ。自信を持って乗ってもらいたい」

 --最後に抱負を

 「若いころからここまでトップレベルで走り続ける馬はなかなかいない。今春のドバイからスランプもあったけど、毎年勝ってきた馬だからね。ダービー馬らしく、何とかいい結果を」

★ジャパンCの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載