中央競馬:ニュース中央競馬

2019.11.21 05:07

【ジャパンC】ルックトゥワイス、坂路ラスト12秒5

ルックトゥワイスは坂路でラストを12秒7-12秒5でまとめた(撮影・安部光翁)

ルックトゥワイスは坂路でラストを12秒7-12秒5でまとめた(撮影・安部光翁)【拡大】

 ルックトゥワイスは坂路で単走。スタート時に気の悪さを見せたこともあって全体時計は4ハロン62秒7を要したが、ゴール前で追われた後半は12秒7-12秒5でまとめた。田代助手は「時計は想定内。レース間隔が詰まっているので、しまいの感触を確かめた。あとは名手に期待したいね」とデットーリ騎手とのコンビを心待ちにしていた。芝2400メートルは1勝、2着3回と連対率10割で東京コースも9戦2勝、2着4回の得意舞台。名手が腕を振るう舞台は整っている。

★ジャパンCの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載