中央競馬:ニュース中央競馬

2019.11.9 16:10

【武蔵野S】9番人気の伏兵ワンダーリーデルが豪快に伸びて重賞初V

直線、豪快に伸びて重賞初制覇を果たしたワンダーリーデル

直線、豪快に伸びて重賞初制覇を果たしたワンダーリーデル【拡大】

 11月9日の東京11Rで行われた第24回武蔵野ステークス(3歳以上オープン、GIII、ダート1600メートル、別定、16頭立て、1着賞金=3800万円)は、横山典弘騎手騎乗の9番人気の伏兵ワンダーリーデル(牡6歳、栗東・安田翔伍厩舎)が中団やや後方から進め、直線に入ると馬場の中央から真一文字に伸びて快勝、6歳にして重賞初制覇を飾った。

。タイムは1分34秒6(良)。

 1馬身1/4差の2着にも8番人気のタイムフライヤー、さらに半馬身差遅れた3着に13番人気のダノンフェイスが続き、3連単は235万円超の大波乱となり、1番人気のエアアルマスは好位から伸びず11着大敗した。

 武蔵野Sを勝ったワンダーリーデルは、父スタチューオブリバティ、母アストレアピース、母の父マヤノトップガンという血統。北海道浦河町・大島牧場の生産馬で、馬主は山本能成氏。通算成績は26戦7勝。

 ◆横山典弘騎手(1着 ワンダーリーデル)「自在性のある馬で、あまり後ろからでもと思いベストのポジションでした。思っていた以上にはじけてくれましたね。(GIチャンピオンズCに向けて)千八だからといってダメな馬じゃないですし、いいポジションをとればはじける馬なので楽しみです」

★【武蔵野S】払い戻し確定!! 全着順も掲載

関連

  • 直線、豪快に伸びて重賞初制覇を果たしたワンダーリーデル(青帽)
  • 武蔵野Sを制したワンダーリーデルと鞍上の横山典弘騎手
  • 横山典弘騎手と安田翔伍調教師
  • 武蔵野Sを制したワンダーリーデル
  • 武蔵野Sで3着に食い込んだダノンフェイス
  • 武蔵野Sで10着に敗れたグルーヴィット
  • 武蔵野Sで11着に敗れたエアアルマスと7着だったデュープロセス(右)