中央競馬:ニュース中央競馬

2019.11.2 19:30

【JBCスプリント】レース展望

藤田菜七子&コパノキッキングのコンビがJBCスプリントでGI初制覇を目指す

藤田菜七子&コパノキッキングのコンビがJBCスプリントでGI初制覇を目指す【拡大】

★女性騎手初快挙なるか!菜七子騎乗のコパノキッキング

 4日(祝・月)に、交流GI・第19回JBCスプリント(交流GI、3歳以上オープン、定量、ダート・左1400メートル)が行われる。中央・地方からダートのスピード自慢が集結する一戦を展望していきたい。

 人馬ともにファンの大きな期待を集めるのは、前哨戦の東京盃(交流GII)を2着以下に4馬身差をつけて圧勝しており、女性騎手初となる統一GI制覇の快挙を目指す藤田菜七子騎手とのコンビで挑むコパノキッキング(栗東・村山明厩舎、セン4歳)だろう。

 今回は1400mとなるが、根岸S(GIII)を制した距離であり、マイルのフェブラリーS(GI)でも掲示板を確保しているだけに問題はない。もまれた時の不安はあるが、逃げても差しても力を出せるのは大きな武器になるはず。

 管理する村山明調教師は「状態はいいですよ。ハナにはこだわらないし、道中をいかにリズム良く運べるかが大事だと思います。1ハロン延長になりますが、乗り方はジョッキーに任せます」と藤田菜七子騎手に全幅の信頼を寄せている。歓喜の瞬間は目の前だ。

★芝・ダート双方GI制覇を狙うミスターメロディ

 芝1200mの高松宮記念(GI)で初GI制覇を果たし、前走のスプリンターズS(GI)でも見せ場十分の4着に入着したミスターメロディ(栗東・藤原英昭厩舎、牡4歳)が、芝・ダート双方GI制覇を狙って久々のダート戦に挑む。

 ダート戦はデビューからの4戦以来となる。オープンクラスでの実績ではないだけに鵜呑みにはできないが、1、2、2、1着と崩れていないだけに路線変更が吉と出る可能性は十分だろう。

 小回りコースや馬場への適性は未知数だが、これまですべての勝利を東京・中京の2場で挙げているように左回りが向くのは確実。ファルコンS(GIII)勝ちや阪神C(GII)2着があるだけに、1400mの距離も問題ないはずだ。

 荻野仁調教助手も「春のガツンとうなるような走りが見えてきました。いい状態でレースに臨めると思います。ダートは問題ないし、左回りになるのもいい。条件はぴったりなのでどんなレースをしてくれるか楽しみ」と期待している。

★“JBC男”武豊を鞍上に初ダート戦へ挑むファンタジスト

 2歳時に小倉2歳S(GIII)、京王杯2歳S(GII)を制しており、3歳になってからもフジテレビ賞スプリングS(GII)や産経賞セントウルS(GII)で2着するなど芝のレースで実績を積み重ねてきたファンタジスト(栗東・梅田智之厩舎、牡3歳)が、キャリア初となるダート戦でいきなりGIに挑戦する。

 コンビを組む武豊騎手といえば、JBCクラシックを8勝しており、スプリントも2004年にマイネルセレクトで制している“JBC男”。2016年のクラシック(アウォーディー)以来となる、武豊騎手のJBC制覇を期待するファンも多いはずだ。

 ダート路線への変更について、管理する梅田智之調教師は「坂路で動けるし、パワーもあるのでダートはこなせると思う。ただ、いきなりGIで、スペシャリストに交じって結果を出せるかは半信半疑。砂をかぶらずスムーズに行きたい」と控え目な様子だが、果たしてどのような走りを見せてくれるか注目したい。

★得意とする1400mなら見せ場がありそうなサクセスエナジー

 前哨戦の東京盃(交流GII)では勝利したコパノキッキングから4馬身+3/4馬身差の3着に敗れているサクセスエナジー(栗東・北出成人厩舎、牡5歳)だが、実績に乏しい1200m戦と考えれば評価できる内容だった。

 その点、今回は交流重賞3勝を挙げている1400m戦になる。浦和の1400mでも2018年のさきたま杯(交流GII)を制しているだけに、舞台実績ではライバルたちより一歩リードしていると言っていいのではないか。

 北出成人調教師も「使いつつ調子を上げていくタイプで、さらに良くなっている。砂をかぶるともうひとつで、それが2、3走前はもろに出てしまった。今回は結果が出ている舞台で、距離もベスト。前走以上のパフォーマンスが見せられるはず」と前進を見込んでいる。

★控える形になっても力を出せそうなノボバカラ

 3年連続でのJBCスプリント参戦となるノボバカラ(栗東・森秀行厩舎、牡7歳)。重賞Vからは約3年ほど遠ざかっているが、今年に入ってから栗東S(オープン特別)を制しており、北海道スプリントC(交流GIII)でも3着に好走しているように、まだまだ一線級で頑張っている。

 今回と同舞台で行われた2走前のテレ玉杯オーバルスプリント(交流GIII)では中団から差して4着と見せ場を作ったように、逃げてこそ能力を発揮できていた若い頃のイメージはなく、他馬の動向をジックリと見ながら運べそう。

 過去2年のJBCスプリントは、ともに大きな見せ場を作ることができず12着に大敗しているように相性が良いとは言えないレースだが、“3度目の正直”で結果を出すことができるか注目したい。

★地方勢の注目はTUBE前田亘輝氏の愛馬・ノブワイルド

 JRA勢を一蹴して勝利を果たせばフジノウェーブ(2007年)以来、12年ぶり2度目の快挙となる地方所属馬の代表格は、TUBEの前田亘輝氏が所有する地元浦和のノブワイルド(浦和・小久保智厩舎、牡7歳)。

 昨年と同様に、テレ玉杯オーバルスプリント(交流GIII)でJRA勢を倒しての参戦となる。中央の京都競馬場が舞台だった昨年は見せ場なく最下位に終わってしまったが、重賞3勝を含む8勝を挙げているように自分の“庭”である浦和コースなら同じ結果になるようなことはないだろう。

 コンビを組む左海誠二騎手は「落ち着きが出て大人になってきたし、力もつけてきた。中央馬を負かせるよう頑張りたい」と意気込み十分。管理する小久保智調教師も「いつも通りの調整をしようと思って、単走で追った。いい動きを見せてくれたね。相手は強いけど、一番いい条件で走れるから」と地元での金星に期待を寄せている。

 前哨戦の東京盃(交流GII)で2、4着に好走したブルドッグボス(浦和・小久保智厩舎、牡7歳)、ショコラブラン(大井・藤田輝信厩舎、牡7歳)も大きな差はない。特にブルドッグボスは、再三に渡って交流重賞で上位争いしている上に2017年にはクラスターC(交流GIII)を制した実績がある。簡単にJRA勢の上位独占では決まらなそうだ。