中央競馬:ニュース中央競馬

2019.10.17 11:46

【菊花賞】厩舎の話

 ヴァンケドミンゴ・犬山助手「前2走でいい脚を使った。着実に良化」

 カウディーリョ・森助手「落ち着きがある。馬具でも対策をしていく」

 カリボール・須貝調教師「状態はいい。ゆったり運べればここでも」

 ザダル・大竹調教師「10キロ弱は絞れているので今週も馬なり。思ったとおり自ら動けた」

 サトノルークス・池江調教師「ためる調教を重ねてきた。前走で力を証明。能力を出せれば」

 シフルマン・松山騎手「しまい重点でいい動き。自分のリズムなら」

 タガノディアマンテ・鮫島調教師「上積みは十分。うまく噛み合えば」

 ディバインフォース・中嶋助手「順調にきている。スタミナは豊富」

 ナイママ・武藤調教師「春とは臨戦過程が違う。内めの枠がほしい」

 ニシノデイジー・ルメール騎手「3000メートルでも走れそう。雨が降っても大丈夫だと思う」

 ヒシゲッコウ・上原助手「調教では本気を出さない。折り合いに問題はなく、最後に脚を使う」

 ヒッチコック・中竹調教師「芝は1度だけだが柔らかい走りをする」

 ホウオウサーベル・蛯名騎手「先週やったので軽く気合を乗せる程度。長丁場に不安はない」

 メイショウテンゲン・池添兼調教師「体つきが大人になってきた」

 メロディーレーン・森田調教師「3角過ぎからまくる自分の競馬で」

 ユニコーンライオン・岩田康騎手「先週と全然違う。消耗戦になれば」

 ワールドプレミア・友道調教師「坂路54秒くらいは予定どおり。初めて何の心配もなく使える」(夕刊フジ)

★菊花賞の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載